生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon mentalメンタル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 女子力アップのために気をつけたいこと(顔編)

女子力アップのために気をつけたいこと(顔編)

2013年02月18日更新

 views

お気に入り

はじめに

女子力アップのために、日々メイクやコスメの研究をしている人は多いと思います。しかし今回は、モデル事務所で教えて頂いた、元の素材を良くするための方法を皆様にご紹介したいと思います。

ポイント1 表情

普段から笑顔が少なく、表情の乏しい人は、顔の筋肉をきちんと使えていません。そのため口周りや頬などの筋肉が衰え、口元や頬が下がってきてしまいます。また、自然な笑顔が作れなくなってきてしまうのです。

もちろん普段の生活の中で、なるべく表情豊かに話したり、よく笑うように心がけたりすることはとても大切です。それに加え、顔の筋肉を鍛えるトレーニング方法もご紹介します。

ストレッチ

まず、お風呂で筋肉が柔らかくなっているときに、固まってしまった顔の筋肉を解しましょう。頬は円をかくように優しくマッサージをして下さい。

口は、両端に人差し指を引っかけます。そして、左右上下に引っ張って口を伸ばして下さい。(この時かなりぶさいくな顔になりますが、気にせず思いっきり引っ張りましょう。)冬だと唇が切れてしまうかもしれないので、保湿等には気をつけて下さい。

トレーニング

次に、トレーニングです。顔のパーツを、できる限り右に寄せます。眉毛・目・鼻・口が全部顔の右半分に寄るくらいのイメージで、思いっきり行って下さい。これを、上下左右全部行います。その後、前につきだす・手前に引っ込めるというのも行って下さい。

口元が弱い方は、鏡を見ながら口だけ行って下さい。この時は、左右だけで結構です。思いっきり寄せたら数秒キープし、できるだけゆっくりと元に戻して下さい。この、ゆっくり戻すというのがポイントです。この時ぴくぴくしてしまう人は、衰えてきてしまっているそうですよ。

ポイント2 見る・触る

毎日すっぴんの自分の顔をよく鏡で見て、触る習慣をつけましょう。肌の状態はどうか、顔色はどうか、にきびなどはできていないかなど、嫌でも気にするようになります。きちんと見て触って、自分の顔を知るというのはとても大切なことなのです。

毎日そうしていれば、異常があったときにすぐに気付き対応することができます。何がいけなかったのか、何が原因かを突き止めやすくなるのです。

おわりに 

いかがでしたか?こんなこと、自分以外の誰もしてはくれません。自分自身をよく知り、自分で努力し、女子力アップを目指しましょう!

(Photo by http://www.flickr.com/photos/habdelra/4386023037/)

この記事で使われている画像一覧

  • 20100917162239

本記事は、2013年02月18日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る