生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 電気代の節約に!扇風機で空調をよくきかせる方法

電気代の節約に!扇風機で空調をよくきかせる方法

2016年05月11日更新

 views

お気に入り

エアコンの欠かせない暑い夏、寒い冬は、どうしても電気代がかさみますよね。しかし、ついつい冷房の温度を下げてしまったり、暖房の温度を高くしたりしていませんか?実は、同じ温度設定でも、体に感じる温度は違ってくるんですよ。

ここでは、室内の空気そのものの流れや、温度の特性を活かすことで、電気代の消費を抑えながら、快適に暮らせるポイントを紹介します。

電気代を節約するポイント1

扇風機の電気代はとても安価!

エアコンをつけていても「涼しくならない」「温かくならない」と不満が出ることはあります。そんなとき、温度で効果を強めようとすると電気代が高くなります。

しかし、扇風機を回転させることで、室内環境を快適にすることが可能になれば、エアコンの温度調整はする必要がなくなりますよね。エアコンで効果を1℃分強めるよりも、扇風機を併用するほうが使用電気量は抑えられるのです。

電気代を節約するポイント2

部屋の角に扇風機を置いて空気を循環させる!

ポイントは空気の対流なので、どんどん室内の空気を巡回させる工夫が大切です!扇風機を利用して、室内の空気を巡回させましょう。

扇風機で風を送るときは、空気が止まっているような部屋の角に扇風機を設置するといいでしょう。

電気代を節約するポイント3

冷房と暖房で当て方を工夫する!

温かい空気は天井にたまり、冷たい空気は床にたまります。温度で沈んだり浮いたりする性質ですから、そこへ扇風機で風を送ることで、意図的に空気を循環させることができます。
 
冷房のときは、扇風機を床に向けて動かします。すると、エアコンから出て床に降りている冷たい空気が、部屋中に風に乗って行き渡ります。

暖房のときは、扇風機を天井に向けて動かします。すると、エアコンから出て天井方向へとたまりがちな温かい空気が、部屋中に温かい温度が流れてゆっくりと行き渡ります。

扇風機を利用して賢く電気代を減らそう

電気代について、詳しくはエアコンと扇風機の取扱説明書の電力を調べるとわかりますよ。手元に取扱説明書がないときは、家電販売店に行って調べることもできます。

扇風機を使うことで、電気代を節約するだけでなく、快適にもなります。ぜひ試してみてくださいね。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20141208152538 54854462017b3

本記事は、2016年05月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る