生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon health健康・医療

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 朝の目覚めをスッキリさせる3つのコツ

朝の目覚めをスッキリさせる3つのコツ

2013年10月31日更新

 views

お気に入り

はじめに

皆さんは、朝スッキリ起きていますか。目覚めが悪いと、起きても頭がぼーっとしてしまい、朝の大切な時間を無駄遣いしてしまいますよね。

今日は、朝の目覚めをスッキリさせる3つのコツを紹介します。

太陽の光を浴びる

体内時計をリセット

朝起きたら、まずは太陽の光を浴びましょう。体内時計をリセットして、体が元気に目覚めます。できたら、部屋の中でかまいませんので、光を浴びながら、足踏みや軽いストレッチをするなど、体を動かしましょう。

寒くなかったら、窓も思い切って開け、外の空気を吸うと更にいいです。

朝起きたら、一杯の水を飲む、ご飯を食べる

水は便秘予防にもよし

人は寝ている間に汗をかきます。水分補給のために、コップ1杯の水やお茶を飲みましょう。失われた水分を取り戻すだけではなく、便秘予防にも効果があります。

でも、冷たすぎる飲み物はお腹をこわしたり、胃腸にもよくないので、気をつけてください。

また、ちょっと酸っぱいフルーツジュースなども、気分がすっきりします。腸が動き出すと同時に体も目覚めます。

朝ごはんを食べる

口を動かし、よく噛むことで、脳が起きてきます。時間がないときでも、果物やヨーグルトなどをちょっと食べると、また違ってきます。体が温まり、目も覚めます。

好きな音楽を聞く

起きてすぐに音楽をかける

自分が好きな曲を、起きたらすぐにかけましょう。すっきりしますし、その日のやる気にもつながります。ただ、眠くなるような穏やかな曲は避けたほうがいいでしょう。

その他

寝る時間を90分ごとに決めるとすっきりするそうです。ですから、睡眠時間は6時間か7時間半にするといいと思います。

他にも、いろいろな方法があるので、こちらも参考にしてみてください。
格段に目覚めが良くなる3つの方法

おわりに

すっきり目覚めて、気持ちのいい朝を過ごせるといいですね。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100916103728
  • 20100916103839
  • 20100916103802

本記事は、2013年10月31日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る