生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon moneyマネー

  1.  
  2.  
  3.  
  4. クレジットカードとの上手な付き合い方

クレジットカードとの上手な付き合い方

2013年03月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

クレジットカードは、手元にお金がなくても買い物が出来てしまうので、ついつい使いすぎてしまいがち。

ですが、現金を持ち歩くリスクを軽減してくれる側面もあります。クレジットカードを良く理解して上手に付き合っていきましょう。

カード払いは借金をするのと同じ

簿記で言う「買掛金」

クレジットカードでの買い物は『現金を持たずに買い物をして、その支払いを先延ばししてもらう』ということです。簿記の用語で言うところの買掛金に当たります。買掛金とは負債の仲間で借金の一種です。

『借金』という意識を持とう!

借金は、なるべく少額に抑えよう

皆さんの中に借金を好んでする方はどの位いますか?おそらく少数派ではないでしょうか?カード払いもそれと同じです。身の丈以上の買い物でカードでの支払いをするのは避けましょう。

現金で支払っても構わない金額を目安にカードを使おう

どのくらいの金額までカード払いにするか

分岐点は「一括払い」か「分割・リボ」か

支払い方法は大きく分けて2種類あります。手数料の掛からない「一括払い」と手数料の掛かる「分割・リボルビング払い」。

カード払いは借金ですから、利息(手数料)が掛かります。ですが、「一括」なら利息(手数料)は、0円です。「現金で一括で支払う事になっても負担にならない金額」を目安に買い物をすると良いでしょう。

身の丈=現金で支払っても負担に感じない金額

現金を扱うのと同じ気持ちで!

カードの性質上、買い物をした時の記憶が薄れ、忘れた頃に請求が来るため、請求金額に慌ててしまう事があります。

どれくらい買い物をしたか、金額を把握しておきましょう。レシート等を貰う度に累計額を出していくなど、常に『いくら使ったか』意識しておきましょう。

クレジットカードの優位性を利用しよう

公共料金、携帯通話料金、プロバイダ代など

これらの料金はカードで支払うとポイントが付与されます。カード会社によってポイントの付与率は様々ですが仮に1000円で1ポイントとして、一ヶ月の光熱費が1万円なら10ポイント、年間で120ポイント付く計算です。

現金払いのままではポイントが付かない

スーパー、ドラッグストアなどポイントサービスをしている店で

最近では、クレジットカード払いOKのお店がほとんど。ポイントサービスをしている小売店も珍しくなくなってきましたね。

そんなお店では現金払いではなく、クレジットカードで支払いましょう。クレジットカード会社のポイントと小売店のポイントの両方が貰えてお得です。

おわりに

クレジットカードは、「身銭を切った感覚」が薄いため、ついつい使いすぎてしまいますが、あくまでも『借金』である事を忘れず、ポイント獲得など賢くお付き合いしてください。

本記事は、2013年03月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る