生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 筆者がOXO(オクソー)の計量カップを選んだ理由4つ

筆者がOXO(オクソー)の計量カップを選んだ理由4つ

2012年10月15日作成

 views

プラスティックの計量カップが割れてしまったので、ちょっといいものをと目をつけていたOXO(オクソー)の計量カップを使い始めました。これがなかなか使いやすくて気に入っています。

目次

OXOの計量カップ

OXOのアングルドメジャーカップ 500mlを買いました。それまで使っていたのはどこかでもらった計量カップでした。200mlのサイズでそれも使いやすかったのですが、スープなどを作る時には200mlだと何度も水をはかっていたので、多めの量をはかる時のために大きめサイズを買いました。

価格は1,500円弱です。

使い心地

計量カップは料理を作る時によく使うのですが、使ってみると「あれも便利」「これも便利」と便利な点があることに気づきました。

おすすめポイント

STEP1:上から目盛を見ることができる

このOXOの計量カップの購入を決めたのは、上から目盛を見ることができる点です。水を入れると内側にも目盛がついていて、どのくらいの量を入れたのかが一目瞭然です。

横にも目盛はついているので、どちらからでも計量ができます。

STEP2:加熱調理ができる

便利だと思ったのは、電子レンジ調理が可能なこと。以前の商品は可能じゃなかったようですが電子レンジ調理が可能な素材に変わって、購入した商品には「電子レンジ調理OK」と書いてありました。

「調味料を全部混ぜて電子レンジで加熱して混ぜる」、「パン生地の牛乳をはかって温める(発酵を促進させるためにパンを手ごねで作る時は液体を温めて作っています)」といった時に「計量して、電子レンジ」ができるのがとても助かっています。

STEP3:プラスティック製

これは譲れなかったところです。落とした時に割れないというのがポイントで、ガラス製のものもかっこいいなとは思ったのですが壊れやすそうだったのでプラスティック製を探していました。

STEP4:重ねて置くことができる

OXOの計量カップは他のサイズも販売しています。まだ1個しか持っていませんが、買い足しをした時に重ねて置くことができるところも魅力です。また、ロングセラー商品なのでいつでも買い足せる安心感があるところもいいです。

おわりに

最初は少し大きすぎるかもしれない、計量カップにこの値段は高いかもしれないと思ったのですが1個ずつ便利なロングセラー商品を買うことで、料理時のストレスが軽減されていくような気がします。

特にSTEP2の電子レンジ調理ができるところは気に入っていて、料理を作る時にも楽になりました。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121013083227 5078a88bf215c
  • 20121013083726 5078a9b6e0a0e
  • 20121013084105 5078aa91d48da

本記事は、2012年10月15日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る