生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 入学・卒業祝いのお礼状の書き方

入学・卒業祝いのお礼状の書き方

2016年05月11日更新

 views

お気に入り

はじめに

品物をもらったり、お世話になったりした時にお礼状をだします。ただ、「ありがとう」だけでなく、どのように役に立ったのか、どのように嬉しかったのかなどを書きます。

相手に「贈り物をしてよかった」「してあげて本当によかった」と思ってもらえるようなお礼状にしたいものです。

書式は前文・末文を整えた正式なものとし、文章も丁寧に書くべきです。そこで今回は入学祝い・卒業祝いをいただいた時に書くお礼状の文例をご紹介致します。

入学祝いお礼状

贈り物が届いた後(文例)

このたびはお祝いの言葉と心のこもった文房具一式をお送りくださいまして誠にありがとうございました。

入学後すぐに役立つものばかりで、心からお礼申し上げます。本当にありがとうございました。

入学後(文例)

娘もようやく1年生になりました。先日いただいたお品、さっそく使わせていただいております。

入学式から数日は緊張して口も聞けなかった娘も日がたつにつれ、学校での出来事をたくさん報告してくれるようになりました。是非近いうちに一度お立ち寄りください。

卒業祝いお礼状

卒業(文例)

拝啓 この度は、愚息の高校卒業に際しまして、心温まる贈り物を賜り誠にありがとうございました。卒業とはいえまだまだ子供です。

今後とも先々よろしくご指導ご鞭撻くださいますようお願い申します。愚息になり代わりまして謹んで厚く御礼を申し上げます。 敬白

おわりに

お礼状を書くときのポイントは4つあります。まず第一はできるだけ早く出すこと。第二は文面は飾らず感謝の気持ちを素直に書くことです。

第三に何に対するお礼なのかはっきり書くことです。受け手が何のお礼をされているか分からないようなものではお礼状の意味がありません。

そして第四に文字は丁寧にきちんと書くことです。字の上手下手ではなく一字一字丁寧に書くことが大切です。

(photo by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130301133509 51302ffdd48ee

本記事は、2016年05月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る