生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon moneyマネー

  1.  
  2.  
  3.  
  4. きちんと知っておきたいクレジットカードの使い方

きちんと知っておきたいクレジットカードの使い方

2013年03月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

クレジットカードというと、使いすぎによるカード破産とか、借金するようなものとか、マイナスのイメージを持たれている方も多いと思います。

でも、携帯電話がある時を境に急速に広がったように、クレジットカードも好みに関わらず必須アイテムになってしまうかもしれません。

毛嫌いするよりも、クレジットカードのキチンとした使い方を覚えておいたほうが得策かもしれません。

クレジットカード

クレジットカードは、商品やサービスに対しての支払い方法の一つです。先に商品やサービスを受け取って、クレジットカード会社に現金を後払いするような形になります。

クレジットカードに現金を融資してもらえるキャッシングが付いている場合が多いせいか混同されやすいですけど、同じではありません。

クレジットカード

クレジットカード (日本)

便利な点

私が使っていて便利だと思う点をいくつか並べてみました。

現金を持たなくても良い

銀行のキャッシュコーナーの営業時間が長くなったとはいえ、いそがしいと現金を引き出すのも手間ですよね。それに、いそがしいと引き出しにいくタイミングを選べないので、時間的に遅くなってしまったりもします。

遅い時間に一人で現金をおろしに行くのって、怖いですよね。たいした額をおろすわけではありませんが、最近は物騒なので怖いです。

手持ちの現金が少ないと小額の買い物も計画的にするようになるので、結果的に節約に繋がります。

ポイントが貯まる

現金での買い物と違ってポイントが貯まります。最近はスーパーなどでも気軽に使えるようになったので便利です。食料品や日用品を買ってもポイントが付くのは嬉しいです。

最近はクレジットカードで公共料金なども支払えるようになりました。公共料金や水道光熱費など生活に絶対必要な部分でポイントがついてくるのは大きいです。

ポイントが貯まりやすいので、景品への交換もしやすくなっています。私は商品券に換えてもらう事が多いので、お得が実感出来てます。

予算が組みやすい

日用品や食品など生活必需品もクレジットカードで支払っているので、月ごとの支出がまとまった金額になり、予算が立てやすくなりました。

ついつい気が緩んで買ってしまうような細かい物も、一ヶ月単位になると額がまとまり無駄遣いが自覚出来るので、余計な物を買わなくなりました。

クレジットカードを作る時のポイント

使い過ぎなどが怖い方で初めてクレジットカードを作る場合は、以下の点に気をつけると良いと思います。

 利用限度額

クレジットカードでの使い過ぎが怖い方は、利用限度額を低く設定して作ると良いと思います。

キャッシングが嫌いな方は、キャッシング枠がないクレジットカードを選ぶか、キャッシング枠を小さくしてクレジットカードを契約しましょう。

引き落とし口座

私は使い過ぎに気をつける為に、引き落としの口座を工夫しました。総合口座で定期預金がある口座を指定して、その口座に入れてある預金額以内までしか使わないようにしています。

クレジットカード会社に支払う費用

クレジットカードの種類にもよりますが、主に

  • 入会金・年会費
  • リボ払いや分割払いの手数料
  • キャッシングやローンの利息

の、三つだと思います。

年会費無料のクレジットカードを選んだり、リボ払いや分割払い、キャッシングやローンを使わなければ、クレジットカード利用にかかる費用は必要最低限に出来ます。

支払い方法

クレジットカードは支払い方法が選べます。支払い方法によって手数料がかかったりしますので、支払い方法の選択は大事なポイントです。

クレジットカード会社によって支払い方法や手数料の規定が違ったりしますので確認してから使いましょう。

一括払い

クレジットカードのしめ日までの買い物代金を、支払日に一括で支払います。手数料はかからないことが殆どです。

二回払い

一回の買い物の支払い金額を二回に分けて支払います。金額が大きくなったりした時に便利です。金額によって使えなかったり、カード会社によっては取り扱いがなかったりします。

手数料はかからないことが殆どです。

ボーナス一括払い

指定したボーナス支払い月に一括で支払う方法です。手数料がかからない場合もあり、大きな買い物に便利です。

分割払い

回数を指定して支払う方法です。支払い回数によって手数料が変動したりします。

リボ払い(リボルビング払い)


一定の金額を返していく方法です。一括支払いにしたものを後でリボ払いに変更出来るカード会社もあります。月々の支払いを一定額にしたい時には便利です。

おわりに

クレジットカードもキチンと使えば便利なものです。お得な点もたくさんあります。用心するポイントを理解しておけば、クレジットカードは怖いものではないと思います。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100914134309

本記事は、2013年03月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る