生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 渋皮を美味しく食べる栗の渋皮煮を作る方法

渋皮を美味しく食べる栗の渋皮煮を作る方法

2012年12月27日更新

 views

お気に入り

はじめに

最近は涼しくなり、夏の終わりを感じるようになってきました。これから季節が秋になり、栗が美味しい季節になりますね。

栗といえば色々な料理法がありますが、今回は、栗の渋皮と実を美味しく食べることのできる栗の渋皮煮のレシピを紹介したいと思います。

材料

  • 栗 (鬼皮のついたまま):1kg
  • 重曹:大さじ4
  • 砂糖:800g
  • ブランデー(お好みで):適量(50cc~100cc程度)

材料は上記のようにあまり多くありません。他に準備しなければいけないものは栗を煮る鍋ぐらいです。

作り方

STEP1: 下準備

熱湯に栗をつけておき、指を入れても大丈夫なぐらいの温度になったら渋皮を傷つけないように鬼皮(表面の硬い皮)を剥きます。

剥いた栗はボウルに入れるなどせず、洗い物を減らすために直接鍋に入れていくとよいでしょう。

STEP2: ゆがく

鍋に水と栗を入れ、更に用意しておいた重曹の半分の大さじ2を入れ、茹でます。お湯が沸騰したら火を弱め、 灰汁を取りながら、更に15分ほど煮ます。
 

水は栗が出ない程度の量を鍋に入れる。

STEP3: 煮汁を捨てる

15分ほど煮終わったら煮汁を全部捨て、すぐに栗を水に晒し、軽くタワシなどでこすり硬い筋や渋皮を取ります。

このときなるべく空気にさらさないようにしましょう。

STEP4: もう一度煮る

栗が水と同程度の温度まで冷めたら、鍋に栗と水を入れ茹でます。沸騰したら火を弱め、 灰汁を取りながら、約10分ほど煮ます。その後煮汁を全部捨て、またすぐに水に晒します。

この手順は2回繰り返します。
注意点は一回目に栗を煮たときと同じです。

STEP5: 味をしみこませる

栗がある程度冷めたら、鍋に水と栗、砂糖を入れ茹で始めます。15分ほど煮たら、火を止めて、そのまま冷まし、味を染み込ませます。

STEP6: お好みでブランデーを入れる

STEP5の後にお好みでブランデーを入れてください。ブランデーを入れたほうが、深みのある味になり、大人好みのものができあがるでしょう。

おわりに

いかがですか? 栗の渋皮煮は聞いたことはあるけど、今までやったことのなかった人は、それほど難しい手順はありませんので、是非一度挑戦してみてください^^

この記事で使われている画像一覧

  • 20100915031701

本記事は、2012年12月27日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る