\ フォローしてね /

家族に嫌われない喫煙のコツ

喫煙は体に良くないし、タバコを吸わない人達にも迷惑をかけてしまうとわかっているので、出来れば禁煙したいと思っている人達も少なくないと思います。

それでも、なかなか禁煙出来ないという人達も多いのではないでしょうか。

禁煙したいけど、簡単には実行に移せないという人達にとってゆっくりと禁煙を達成していくコツをご紹介します。

タバコは買ってもいい

人は無い物ねだりで、吸いたいときに手元にないとなると必ずストレスになり、イライラしたり、人にあたったりしがちです。

いつでも吸える状態にしておいて我慢した方が気持ち的に楽だと思います。

家の中で喫煙するときのルールを決める

禁煙は自分ひとりの意思では、挫折する可能性も高いので、家庭の中での規則を決めておくと良いでしょう。

換気扇の下で吸う

食事のあとやお酒を飲んでいるときなど喫煙者にとっては、特にタバコを吸いたくなることが多いですよね。

席を立たずにゆっくりその場で吸いたいところですが、面倒だと思っても、そこは絶対に規則を守って、換気扇の下まで行って吸わなければいけません。

外に出る

家族の誰かがキッチンで料理中だった場合、いくら換気扇の下とは言えども、タバコを吸わない人にとっては隣で吸われるのは不愉快でしょう。

真夏の猛暑の日であっても、真冬の凍りつくような寒い日であっても、庭やバルコニーに出て吸わなければいけません。

外に小さなテーブルとイスを置いておくのも良いと思います。

罰金を払う

家の中で吸ってしまったら、1本吸うたびに家族全員にお金を支払わなければいけないルールを作ります。金額は喫煙者にとって負担になる金額を決めましょう。

おわりに

ルールを決めて守っていくと、だんだんと1日に吸うタバコの本数は減っていくと思います。自分のためにも周りの人のためにも喫煙は控えたいですね。頑張りましょう。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。