生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon learn語学・学習

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 独学でフランス語を勉強するポイント

独学でフランス語を勉強するポイント

2013年10月30日更新

 views

お気に入り

はじめに

フランスに旅行する機会があれば、是非フランス語で会話をしたいですね。また、映画や文学や歌などでフランスに憧れて勉強したくなった、そういう人もいると思います。

ここでは、独学でフランス語を勉強する時のポイントを紹介します。

生活の中で勉強するには?

勉強することを日常に取り入れて、無理なく続けることが大切です。特に語学では、少しずつでも毎日続けることが力になります。

1.発音に気をつける

辞書は発音CDつきのものを

最初に、フランス語の辞書は発音CDつきのものを買いましょう。(フランス語コミュニケーションの基本フレーズも一緒に紹介されていたりします)

フランス語ならではの発音が多々あるので、身体を使って丸ごと覚える感じがいいと思います。

自分の発音を録音してみて、辞書の発音CDのものと聴き比べてみるといいでしょう。

推奨webサイト

また、以下のサイトにはフランス語の基礎勉強の他、文化の紹介など読み応えのあるフランスの情報がたくさん発信されています。

France-jp.net

このサイトの下のほうに「フランス語ネット講座」があります。基礎的な文法や、音声つきの発音練習ができるコーナーもあるので、独学には大変役立ちます。

メルマガもあるので、楽しく勉強したい人は登録してみるのもおすすめです。

日常的に数字の勉強をする

片っ端から数字に

カレンダーの日付、時計の数字、読み物のページ数、自動車のナンバーなど、目についた数字を片っ端からフランス語に置き換えてみる。

また、それらを人に伝える場合にどのように言うか、など表現を広げていけるといいでしょう。

モチベーションを保ち続ける方法

自分に合ったテキストを選ぶ。

自分と相性のいい教科書だと、自然と勉強が楽しくはかどります。じっくり選びましょう。仮に、買ったものがいまひとつだと感じたら、すぐに切り替えてください。

覚えた文法や単語を使って日記を書き、音読してみる。

実際に使うようにすると、出来たことに応じて、勉強したことへの嬉しさや、もっと出来るように頑張ろうという活力に繋がります。

資格にチャレンジしてみる。

具体的な目標として、フランス語検定の級数を決めてチャレンジしてみるのもおすすめです。

おわりに

著者も、現在は独学でフランス語を学んでいるので書いてみました。参考になれば幸いです。

(Photo by 足成

この記事で使われている画像一覧

  • 20121005211834 506ed01a4ac75
  • 20121005213334 506ed39e3a727
  • 20121005213752 506ed4a04bdb0

本記事は、2013年10月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る