生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon housing不動産・住宅

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 建築家住宅を成功させる5つのポイント

建築家住宅を成功させる5つのポイント

2012年05月01日更新

 views

お気に入り

はじめに

建築家設計の住宅紹介雑誌がコンビニなどにも並ぶようにり、建築家住宅が注目を集めてきました。

しかし建築家には我が強い人も多く設計する住宅も個性があるので、雑誌を見て気に入ったという程度でうっかり依頼して失敗することも多いようです。

そこで建築家住宅を成功させる5つのポイントを紹介します。

1:建築家の職能を理解する

建築家の職能には3つの大きな柱があります。

  • 住人の要望を取り入れ独自のセンスでプランをまとめるデザイナーとしての職能。
  • 意匠・構造・設備などの専門的な知識で住人の生命と財産を守る技術者としての職能。
  • 建て主の代理人として工事監理やコスト管理を行う職能。

この3つです。

この職能を正しく理解することが建築家住宅成功の基本です。

2:ハウスメーカーと同列で比較しない

建築家は建て主の権益を守る役割をも兼ね備えており、利潤を追求するハウスメーカーとは違います。建築家住宅をハウスメーカーと同列で比較すべきではありません。

3:建築家は人柄で選ぶこと

建築家住宅を成功させる最も重要なポイントは建築家選びです。建築家選びは1に相性(人柄)、2にセンスで決めましょう。

建築家住宅は設計から完成まで丸1年かかり、打合せなどで顔を会わせる機会が多いので、デザインセンスを優先して選んでしまうと失敗します。

4:間取り図を自分で書かない

住まいの要望は文章や言葉で伝えた方が得策です。間取り図を自分で書くと、建築家のプライドを傷つけ創造性を失わせることにつながります。

建築家をその気にさせ建築家の力を引き出すことが大切です。

5:家づくりを楽しむこと

建築家との家づくりは長い時間を要し相当なエネルギーが必要です。建築家選び~設計期間~施工期間~竣工後のメンテナンスまで、相当なエネルギーを要することを覚悟して、とにかく家づくりを楽しみましょう!

おわりに

建築家住宅はハウスメーカーとは別次元の満足感を得ることができます。世界でたったひとつ、自分にとってのオンリーワン住宅を実現しましょう!

この記事で使われている画像一覧

  • 20100914110036

本記事は、2012年05月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る