生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 超簡単!ガス代を節約するための3つの方法

超簡単!ガス代を節約するための3つの方法

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

ガスは生活に欠かせないものです。毎日使うものなので、チリも積もればガス代もバカにはなりません。しかし逆をかえせば、ちょっとした工夫で大きな節約に繋がるということでもあるわけです。

ここでは、簡単に出来るガス代を節約するための3つの方法をご紹介します。

1:ガスコンロの火は中火にする

ガスコンロの火の加減には、弱火・中火・強火とありますが、お湯などを沸騰させるときに早く沸かしたいからと強火にしても、それほど早く沸かせるわけでもありません。しかし、弱火だとそれはそれで、なかなか沸騰させることが出来ず、ガス代はかさんでしまいます。

というわけで、一番効率のいい火の加減は中火ということになります。中火にしておくことで、強火や弱火にするよりもガス代は抑えられ、強火とそう変わらない時間で沸騰させることができます。

レシピ本などで、強火、弱火の方法が指定されている場合は、調理をする上で必要であるため記載さえていると思いますので、説明に従って下さい。

2:使ったコンロを冷めないうちに続けて使う

コンロ続けて利用するときは、コンロの熱が冷めないうちに続けて調理をしましょう。さきほど調理をしたばかりのコンロはまだ熱いので、冷めた状態のときよりも簡単に温まり、早く調理をすることが可能になるので効率的です。

熱が素早く伝わるように、鍋やフライパンの裏の水滴などはキレイにふき取っておくようにしましょう。これだけでもガス代の節約になります。

3:余熱調理をする

余熱調理をすることで、ガス代の大きな節約になります。ゆで卵パスタ肉じゃが・カレーなどなど、余熱で調理できるものは色々あります。

一度、沸騰させたら、火を止めてしまいましょう。あとは待つだけで、きちんと中まで火が通るのです。急いで調理しなければならないわけでなければ、余熱調理で大きくガス代の節約をしましょう。

  • ゆで卵・パスタ

沸騰したらあとはフタをして好みの固さになるまで待てばいいだけです。

  • 肉じゃが・カレー

沸騰したらフタをしたまま、新聞紙に包み、タオルを巻いて待つだけです。

これだけで、あとはほったらかしでいいのですから、出来上がるまでその場についていなければならない普通の調理法よりも時間の節約にもなり一石二鳥です。

圧力鍋を使うのもオススメです。沸騰させれば、ほんの短い時間で手間のかかる料理が簡単に出来上がっちゃいます。

小さなことでも、それが毎日となると大きくなります。簡単に出来ることばかりなので、ぜひ実践してみて下さい。こんな簡単な方法でも月に1000円以上のガス代の節約になります。

おわりに

この他にも、ガスコンロのつまりが熱効率を下げてしまわないように、定期的に掃除をするなど、出来ることは色々あると思いますので、気付いたら実行にうつして、それを習慣にしてしまいましょう。当たり前になってしまえば、ストレスもなくなりますよ。

(photo by http://www.ashinari.com/2012/03/13-359162.php)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121004124247 506d05b72999f

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る