生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 台風の時に気をつけること

台風の時に気をつけること

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

台風がくる!

今は気象観測技術も発達し、大きな台風がくるかもしれないということを事前に知ることができる私たち。しかし、「台風に注意してください」とテレビで言われても、何をどう気をつければいいのか分からない方も多いかと思います。

そこで、ここでは「私はこういうの気をつけています」をご紹介します。また、事前に台風の知識も頭に入れておきましょう!

台風のためにやっておくこと・気をつけること

食料を買いだめしておく

食料は買い物に行ける時に多めに買っておきます。自転車でスーパーに行き、重い荷物をカゴに入れて走るのは、風が強い台風ピークのときは非常に危険です。

車でも、事故が通常より起きやすいので、できるだけ外出しないほうが良いでしょう。

カッパを準備しておく

台風だからと言ってもずっと家にいることは不可能ですよね。しかし台風のときに外出するときは傘だけでなくカッパも持っていくようにしています。

雨が降っていることより風のほうが危険だ、と思うほど強風のときは、傘をさすことは危ないですし意味ありません(雨は横打ちになるので)。

除湿剤を多めに配置

これは梅雨の時期から気をつけていることですが、雨が降る台風のときももちろん有効的かと思います。部屋の中に除湿剤(湿気取り)を多めに配置します。衣服を収納しているスペースにも、です。

ベトベトしてカビなんか生えたときは気分も最悪、ものによっては使えなくなってしまいます。きちんと防ぐことが重要です!

電車の遅延情報をチェック

台風が来ると、交通機関が大きく乱れることも。あらかじめ電車の遅延情報を知っておくと、余裕を持って出かけられますね!

電車の遅延情報を携帯に届けてくれるサイトはいろいろとあるのですが、参考までに以下のアドレスを挙げておきますね。

また、遅延証明書が必要になる場合もありますね。もし貰い忘れた時、例えばJR東日本なら、インターネットで遅延証明書を発行できます。

その他の路線についても、今はインターネットで発行できるところが多いようです。必要な場合はその路線を検索してみると良いですね。

ベランダのモノを片付ける

結構忘れがちのベランダ。でもかなり重要だと思います。

  • 物干し竿を外す
  • 植木類をしまう
  • その他ベランダに置いてあるものを片付ける

こちらも結構忘れがちな「門」です。強風で煽られて倒れたり、バタバタと開いたり閉じたり大変危険です。ヒモなどで強く括って固定しておくと良いでしょう。

台風の目が過ぎても油断しない

台風は目が来る前よりも、目が過ぎた後の暴風の方が強いらしいです。なので、台風の目が来て、今のうちに!と思って外出せず、完全に暴風圏が過ぎてから外出した方が安全です。

気象庁のサイトをチェックする

自分の住む地域が直撃なのかどうかなどをチェックし、しっかりとした対策を採りましょう。

(Photo by http://www.ashinari.com/2010/09/15-340774.php)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120224134727 4f47165f184bc

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る