生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. ワンポイント面接テクニック

ワンポイント面接テクニック

2015年03月03日更新

 views

お気に入り

はじめに

これから、アルバイトなり、就職の面接の際に、上手に自己PRするテクニックをお伝えいたします。

これは、全体の面接の流れの中で、ちょっと織り交ぜると合格率が高くなるワンポイントテクニックです。

基本的な身だしなみは整っているという前提で、使うと効果が倍増します。

『究極の自己PR』編

今回のワンポイント面接テクニックは、究極の自己PRについてです。このPR方法をマスターして面接に臨めば、応募者の中でもあなたの存在がひと際目立ち、採用される確率がアップします。

やり方は、とても簡単ですが、少しだけ頭を使って考えることも必要な場合があります。それでは、早速みていきます。

『権威』を使うと効果的

実は、自己PRの時に、一番効果的に相手に伝わるのは、この『権威』という情報を相手に与えることです。

自己PRをしてくださいと言われて、

「私は、とても、行動力があって、リーダシップがあって、部活でもキャプテンをやっていまして・・・」ということを言っているようでは、間違いなく不採用です。

面接官は、そんな話、うんざりするくらい聞きすぎて飽きているのです。なので、あなたは絶対にこんな自己PRをしてはいけないのです。

では、どうやってやるかというのが、この『権威』というのを利用した自己PRということになります。

権威というのは、例をあげますと、世界的な有名人、著名人、上場企業、その道の専門家、プロなど、一般的に誰でも知っていて、その名前や名称を聞くと「へ~すごいね」となるような人や会社だと思ってください。

それでは、次に、この『権威』をどう利用して自己PRをするか?についてです。

「前は、IBM関連の仕事をしていました」

何かの本で読んだ、本当にあった話しらしいのですが、ある人物が企業の就職の面接にいったときの話しだそうです。その人物は、学歴も大したことがないのにも関わらず、かなりの競争率の面接に勝ち残り採用されたそうです。

その面接の時の話しなのですが、面接官が彼にこう質問をしたそうです。「前は、どんな仕事をやっていたのですか?」という質問にたいして彼はこう答えたのです。

「IBM関連の仕事をやっていました」

この答えを聞いた、面接官は全員一致で、「凄い人物が、面接にきてくれた」と思い込み、彼を採用したそうです。ここでの権威というのが、「IBM」という会社になります。

このIBMという権威のおかげで、彼は世界的な企業から、転職してきた優秀な人物と評価され、即採用されたのです。

実は、IBMの・・・

何も、あなたにIBMのような大手の会社で働いた経歴を持ってくださいといっているわけではありません。

もし、これをお読みのあなたが、すでに、そのようなBIGネームの会社に勤めたことがある方なら、この記事など読んでいることはないと思います。

話には裏がある

この話には裏側があるのです。この採用された元IBMの仕事をしていた彼というのは、本当はある清掃会社の社員で、IBMの社員ではないのです。

でも、IBMで仕事をしていたことには間違いなかったのです。

なぜなら、IBMがその清掃会社にオフィスの清掃を委託していたから、その彼がIBMで「ゴミを集める仕事」をしていたのは、嘘ではないのです。

人は権威に弱い

実は、この権威というのに人は騙されやすいのです。最近の、詐欺師や泥棒は、スーツを着ていると言われていて、これも権威を利用した手口なのです。

スーツを着た人=ちゃんとした仕事をしている人という見方をされるからなのです。

あなたが使える権威

なので、面接の際に、あなたが自己PRをする時にはこの『権威』にあたるような人物や企業を探して、それを交えてPRをすると良いのです。

例えばの話しですが、仕事については職歴でバレてしまうので、前述のIBMのようにはいきませんが、

学生の頃に、あなたがアフィリエイトなどで、ある企業の商品を熱心に売っていたとしたら、

『○○という大手の会社の○○の商品の販売委託を受けて、それを売る仕事をしていました』

という言い方をすることもできます。

これが、「権威」を利用した、自己PRのコツです。

おわりに

このような権威というのは、ちょっと頭をひねれば、出てきます。嘘はいけませんが、言い方一つの違いです。

もし、さらに突っ込まれて「そんな大げさな仕事じゃないんじゃないの?」と、面接官に突っ込まれたなら、あなたはこう答えると良いでしょう。

「自分の中ではその会社の経営者の一人になったつもりで、真剣に仕事に取り組ませていただいたので、その情熱の分だけ、大げさな表現になってしまったかもしれません。申し訳ありません。」

と切り返すと、確実に評価アップ間違いなしです。『権威』を、自己PRに入れる方法をマスターしましょう。

注意

権威と聞くと、すぐに、「あ~私は政治家の誰それさんの知り合いです」と著名人の知り合いを自慢する人もいます。

それはそれでいいのですが、知り合いというだけよりも、その人物との関わりやその企業にとって、その知り合いとの関係がどう活かせるかを話さないと意味がありませんので注意しましょう。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100913115758

本記事は、2015年03月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る