\ フォローしてね /

意外と気軽に行ける!初めての裁判傍聴の方法

裁判員裁判制度もあり、裁判は、私達の生活に身近になってきました。けれども、まだまだ遠い存在なのではないでしょうか。裁判はお金を払うことなく、そして何の手続きもせずに見ることができます。

今日は裁判傍聴の方法について、紹介します。

まずは、ホームページの紹介から

例として東京地方裁判所・高等裁判所のホームページを紹介します。ちょっと難しい記述が多いですが、事前情報としてどうぞ。ちなみに、特にそのような事前情報なしで、傍聴はできます。

裁判傍聴の流れ

今回は代表として、東京での傍聴について紹介します。朝は8時20分から門が開きますが、裁判自体は朝10時から、昼は1時10分から始まります。裁判の開廷時間は全国共通だと思います。

裁判所への行き方

できれば朝9時半ぐらいに行きましょう。東京高等裁判所・地方裁判所は霞ヶ関にあって、駅を出てすぐです。裁判を見るのに手続きも準備もいりません

門を入って入り口があるのですが、そこで空港のような荷物チェックがあり小さいゲートで金属チェックがあります。

スケジュール作り

入り口を入って正面に受付のようなものがあり、その日の裁判の予定(開廷表)があります。その予定を見ながら興味がある裁判をリストアップし、スケジュールを組みましょう。

刑事事件は警察に捕まる事件で、殺人、強盗、窃盗、薬物所持などがあります。民事事件は、離婚調停や土地のもめごとなどです。初めて見るのでしたら、刑事事件のほうが裁判を見に来たという感じになります。

人によっても違いますが、地方裁判所の裁判のほうが内容が分かりやすいような気がします。

開廷前

開廷表には時間と部屋番号が書いてあるので、そのちょっと前に部屋に行くようにしましょう。裁判が開廷している間は自由に出入りができますが、裁判の雰囲気を感じるにはちょっと前に行ったほうがいいです。

部屋の入り口脇にはゼッケンやハチマキの持込禁止などと書いてあって「今時?」なんて思いますが、それ以外に帽子はとること。開廷前に携帯電話やスマートフォンをマナーモードに。録音・撮影は禁止でメモは可です。

殺人、殺人未遂、わいせつ関係は傍聴したい人が多いので、入れない場合もあります。あらかじめ早めに行くようにしましょう。

いざ、開廷

傍聴席に座って待っていると、裁判長、裁判官、弁護士、検察、容疑者などがスタンバイし、軽い緊張が流れます。まずみんなで礼をし、開廷です。それからは人間の感情が露骨に出てくる人間ドラマのようです。

最初は法律のことは覚えなくてもいいので、全体の裁判の流れを見るようにしましょう。ドラマでしか見たことのない、弁護士と検察のやり取りなどが見られます。

その他

裁判所の地下には食堂やコンビニなどがあります。本屋にはたくさんの法律の本が並んでいます。食堂はお手軽な価格です。一度試してください。

また、一度裁判に行って興味が出てきたら、何度か見に行くといいでしょう。徐々に流れが分かってきますし、思わぬ証言が聞けたりもします。

何度か通うと、裁判傍聴のベテランの人が分かってくると思います。もし何か分からないことがあったら聞いてみると、見たほうがいい裁判をなどの情報を教えてくれることがあります。

おわりに

そんなに気負わずに行け、準備もしなくてもいいので、ぜひ一度見に行ってみてください。裁判がきっと身近なものに感じられると思います。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。