生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon health健康・医療

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 快眠で寝不足を解消しよう!

快眠で寝不足を解消しよう!

2013年04月04日更新

 views

お気に入り

はじめに

最近、睡眠が浅くなって寝不足になっているってことはありませんか?そんなアナタに誰でもできる快眠方法を伝授したいと思います。

朝日を浴びる

毎朝、朝日を浴びてください。外に出ることが少ないという人も、1日1時間程度は日光を浴びましょう。

すると、体内時計がリセットされ、新しい1日を送ることができます。つまり、夜型人間になりにくい体質になるということです。

寝る直前に飲食はしない

寝る直前は、飲食厳禁です!寝る3時間前には飲食を終わらせておきましょう。

なぜなら、飲食をしてしまうと胃が働いてしまうせいで、熟睡につきにくくなるからです。

寝室環境を整える

睡眠に最適な明るさは、母親の胎内程度である30ルクスが好ましいです。

たまに、豆球を付けて寝る人に出会ったりしませんか?豆球を付けたほうが寝やすい理由がそこにあります。

他にも、青系の色にしておくと沈静作用のおかげで、眠りにつきやすくなります。

ちょっとした運動をする

ちょっとした運動といっても、簡単なヨガやストレッチだけでも十分効果があります。

適度に体を動かして、体をほぐしてください。それだけで、快眠効果が十分得られるはずです。

男性なら簡単な筋トレをするのもありかもしれません。筋肉もついて、快眠もできるなんて一石二鳥です!

ただ、汗をかいた場合、熱いお風呂に入らないでください。眠気が吹き飛ぶ可能性があります。少し温めのお湯かシャワーで汗を流してください。

おわりに

睡眠の妨げはストレス発生や体力の低下に繋がり、翌日の仕事に影響します。

ストレスや体力の低下は病気を引き起こす原因にもなりますので、くれぐれも注意してください。

そんなことにならないためにも、快眠をとって気分の良い生活を送りましょう!

この記事で使われている画像一覧

  • 20100914013047
  • 20100914012856

本記事は、2013年04月04日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る