生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 製パン道具「めん棒・めん台」の使い方

製パン道具「めん棒・めん台」の使い方

2012年10月02日作成

 views

著者は時々自家製パンを作っているので、少しずつ必要な道具も買い集めています。その中で、あってよかったと思う「めん棒・めん台」を紹介します。

目次

めん棒・めん台

めん棒は、パンの生地を伸ばす時に使う道具です。丸い生地を伸ばして平たい生地に成形する時に使います。

めん台は、パンの生地を乗せる台です。パンをくっつきにくくします。めん台によっては大きさのサイズが書いてあるものもあり、大きさをはかることもできます。

めん台にはサイズが書いてあるもの、素材が大理石でできているものなどがあります。

製パン道具「めん棒・めん台」の使い方

STEP1:生地を伸ばす

上の丸い生地を平たくして上に具材を乗せ、惣菜パンにする時にめん棒、めん台を使います。

STEP2:生地を寝かす

ベンチタイムの時にもめん台に乗せておくとくっつきません。

STEP3:生地を分割する

生地を分割する時にも、この台の上で行うことができます。

お手入れ方法・保管方法

どちらも食洗機を使うことができるので、食洗機に入れてしまいます。

また、プラスティックでできているので水洗いをするだけでも汚れが落ちやすく生地もくっつきにくいのが特徴です。

洗った後はふきんなどで水気をふき取り、しっかり乾かしてからしまいます。

著者は以前、めん台代わりにまな板の上に打ち粉をふって成形をしていたのですが生地がくっつきやすかったです。また、めん棒も木のものがありますが、プラスティック製の方が生地がつきにくいです。

めん棒はプラスティックのものがおすすめです。めん台は生地がつきにくいコーティング素材のもの、プラスティック製のもの、大理石のものがおすすめです。

おわりに

最初は家にあるもので代用するのもいいと思います。ですが、専用の道具を揃えると生地がくっつきにくくなったり、成形がしやすかったりとストレスを感じずにパン作りをすることができます。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121002154845 506a8e4d8d78f
  • 20121002155329 506a8f691e06b
  • 20121002155405 506a8f8d37677
  • 20121002160151 506a915fcb1e9
  • 20121002160417 506a91f1d5c48

本記事は、2012年10月02日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る