生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 牛乳パックのフル活用法

牛乳パックのフル活用法

2012年05月01日更新

 views

お気に入り

はじめに

皆さんは、牛乳など紙パックに入ってるものを飲み終えた後、容器をどのようにしていますか?

自治体で資源ごみとして回収してくれている地域は資源として出せますが、そうでない地域は処理に困ることも多いのではないでしょうか?

今回は牛乳パックの中でも、500ml入りの牛乳やその他、紙パック飲料を想定してのご提案です。

再利用法1:牛乳パックの耐水性を利用

牛乳パックは水に強い

牛乳と言う液体を入れているだけあって、牛乳パックは耐水性が高いです。その水に強い性質を利用して水分の多いものを冷凍保存しましょう。

例 カレー、シチュー、スープ

これらのメニューは大鍋で一度にたくさん作ってしまいがちですが、500mlパックに入れて口を閉じ冷凍しておけば、食べたい時に食べたい分だけ解凍して食べられるので経済的です。

また、タッパーなどとは違って使用後、そのままゴミに出せるのも魅力的です。500ml入りと容器も浅めなので荒熱を取るのにも便利です。

目安として500mlパックで1~1.5人前です。

再利用法2:注ぎ口の部分を切り取って

焼き菓子の型として利用

ホットケーキミックスなどの生地を空きパックに流し込んでオーブンで焼きます。

マフィン型やケーキ型を買わずに済みますし、焼き上がって型からはずしたら、そのままゴミに出せるので洗い物をする手間も省けて、お財布と環境にも優しいです。

おわりに

牛乳パックは水にも熱にも強い(ある程度の耐性がある)ので冷凍~オーブン調理まで大活躍してくれます。

リサイクルの環境負荷と言う面も考えると、再利用という選択肢も視野に入れておくといいでしょう。その点、再利用なら使用後、そのままゴミとして出せるので水を汚すことはありません。

時間と資源の節約にいかがでしょうか?

この記事で使われている画像一覧

  • 20100913210835

本記事は、2012年05月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る