生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon childcare育児・教育

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 0歳児、幼児の数分で寝かし付ける方法

0歳児、幼児の数分で寝かし付ける方法

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

赤ちゃんや幼児子の寝かし付けは大変と聞きます。

ウチの子達は、道具を使わず、あやす事もありまあせん。以下の方法でストンと眠りに付いています。

寝息を聞かせる

一緒にお布団に横になり、おやすみなさいの挨拶をし終えると親(大人)は目を瞑り、

「スゥースゥー」

あえて寝息を立ててそれを聞かせます。親(大人)の寝ている様子に触れさせます。数分後、子供達もスヤスヤと眠りに付きます。

動物は寝息で寝る

動物番組で芸能人さんが動物の赤ちゃん(種類は忘れちゃいました)のお世話で寝かし付けに奮闘していました。

その時、芸能人さんの寝息を聞かせたら、なんと、その動物の赤ちゃんは眠りに付きました。芸能人さんは大喜び。

動物の担当者さん曰く、それは動物の本能で、親の寝息を聞いて眠りに付くとの事でした。

私は、この番組を知る前から、子供達にそのやり方で寝かし付けていたのでそれを観て驚きました。私も主人の寝息を聞いていると眠りに誘われます。そういう感覚になるんだと納得しました。

我が家の様子ですが、ウチには4歳と6ヶ月の娘がいます。子育てで気を付けている点は、生活リズムです。

心地良く日々を過ごすように心掛け、寝かし付けに手をやく事はあまりありませんが、寝る様子のない時はこの方法でストンと眠らせています。

まとめ

赤ちゃんや幼児子、大人にとっても心地良く早めに眠りに付く事は大事ですね。この方法で眠りや寝かし付けにイライラせずに快適に眠りに付けるといいですね。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100916152701

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る