生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. カジュアルな場面でも最低限気をつけたいテーブルマナー

カジュアルな場面でも最低限気をつけたいテーブルマナー

2013年04月22日更新

 views

お気に入り

はじめに

楽しい食事のはずが、何気なくしたマナー違反で相手を不快にさせてしまって台無し!なんてことは避けたいですよね。

実はテーブルマナーといっても時代や国によって変遷があり、絶対コレ!といった形は無いのが現状です。

そこで、相手を不快にさせず楽しく食事をするために、カジュアルな席でも最低限これだけは気をつけたいという食事の時のマナーをご紹介します。

箸やフォークスプーンの持ち方

箸やフォーク、スプーンは正しく持てていますか?特にじゃんけんのぐーのような形で箸やフォーク、スプーンを持つのは印象が悪いです。

フォークやスプーンは鉛筆を持つように、箸は親指人差し指、中指の3本で支えながら動かすのが正しい使い方です。

口をあけて咀嚼はNG!

ものをかむ時、口をあけたままくちゃくちゃと音を立てて咀嚼していませんか?子どものころからの癖で、している方は気にならないものですが、一緒に食事をする相手は不快に思います。

おしぼりで手と口以外を拭く

おしぼりは本来は手を拭くためのものです。口もできればナプキンで拭くようにしたいですが、口までなら許される範囲だと思います。

確かに、夏場の冷たく冷えたお絞りで顔を拭いたりするのは気持ちいいです。けれど、おしぼりで手と口以外の場所、顔や首を拭くのはやめましょう。

から揚げにレモン、料理のソースなど

から揚げにレモンをかけるとさっぱりと味が引き立っておいしいものですが、レモンをかけるのが好きではない人もいます。

断りもなく勝手に、から揚げにレモンや料理にソースをかけてはいませんか?人の味覚はそれぞれ違いますから、一言断ってからにしましょう。気配りをしたつもりでマナー違反にならないように気をつけましょう。

料理の文句を言う

周りには聞こえていないつもりでも、意外と声が通ってしまうこともあります。店内で料理の文句を言うのは避けたいものです。

また、上にも書いたように、人の味覚はそれぞれ違いますから、自分ではイマイチと思ったものでも、相手はおいしく食べているかもしれません。そんな時に文句を言われてはあまりいい気持ちはしないですよね?

おわりに

食事のマナーは、おいしく楽しく食べるためのものです。カジュアルな場面でそれほどこだわる必要はありませんが、最低限相手を不快にしないようなマナーだけは身につけておきたいですね。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100913142736

本記事は、2013年04月22日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る