生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 彼女の真意は?!元カノの結婚報告への対処法

彼女の真意は?!元カノの結婚報告への対処法

2012年10月01日作成

 views

久しぶりに元カノからメール。何だろうと思って開いてみると、なんと「結婚します」とのこと。

元カノのことを未だに引きずっている場合、逆にそうではなくもう完全に吹っ切れている場合。あるいはこちらも新しい彼女と付き合っている場合、そして元カノとは良い友人関係にある場合、いずれにせよ元カレとすれば複雑な心境。

さあこういう時、どのような態度で接したらいいのでしょうか。

元カノの結婚を知ったときの対処法

まず貴方に直接、元カノからのメールが来た場合

大人げないと思われるかもしれませんが、ここは無視の一手です。

連絡をくれたということで、貴方自身「元カレ」という自分の立場を特別なものとして考えがちでしょうが、実のところ元カノにとってみれば、「元カレ」の貴方は今や、親しい友人、会社の同僚、上司、昔の友人、それ以下の存在なのです。

ここで「俺はお前を幸せにできなかったけれど……」なんて勘違いな返信をするのは痛すぎますから、絶対にやめておきましょう。

実際、貴方が「おめでとう」とメールを返してみたところで、元カノはそれを見るかどうかも分かりません。送られてきたメールに連なる他のアドレスたち。これって多分、どうでもいい人たちとおなじグループに入っていての一斉送信ということです。

そんな人から返信があろうがなかろうが、元カノさんにとってみれば、どうでもいいことなのですから、やはりここは知らん顔を貫き通しましょう。

彼女にとって貴方はもう過去の人なのです。

「あの子、結婚するらしいよ」と人づてに聞いた場合

こういう時は、知らせてくれたその友人に、「おめでとう」を伝えてもらいましょう。あくまでも「間接的」に対処するのがいいのです。

とにかくここは、「第三者的」な立場で、メールには気づかなかったという態度がベター。

披露宴に呼ばれた場合

ここも悩むところですが、きっぱりと断りましょう。

行ったところで、場末の席で他の元カレとテーブルを囲むはめになるだけです。貴方の思いとは裏腹に、招待ではなく「頭数」ということで呼ばれているのです。貴方が出席したことさえ、幸せ絶頂の元カノが気づくことはないでしょう。

男性が思っているほど女性はロマンティストではありません。ただ

  • 「あなた自身が完全に元カノのことを吹っ切っている」
  • 「友だちとしての関係がしっかり築き上げられている」

こういった、互いの恋愛感情がきちんと消化されている場合がありますそれでもやはり披露宴にいくのはよしておきましょう。「仕事が入っているから」とか、いろいろと理由をつけてやんわりとお断りするのです 。

貴方が行こうが行くまいが、彼女は何とも思いません。「残念だわ」なんて思ってもいません。「あっ、来てたんだ」で済みなのです。呼んだことすら覚えていないこともありますから、やはり貴方は行くべきではないのです。

再度言います。元カレの貴方にとって、元カノというものはいつまでも特別な存在かもしれませんが、相手からすればもう過去の人なのです。

もし、まだ未練があるようでしたらそれは男として早々に区切りをつけましょう。一度付き合ったことのある女性は、ずっと自分のものといった考え方が男性には多いようです。しかしながら、それは大変みっともないものなのです。

もう貴方と彼女は別々の人生を歩んでいるのですから、元カノからしても今さら彼氏面されるのは迷惑なだけです。

ここはしっかりと自分を見つめて元カノのことは断ち切りましょう。

逆に、貴方自身も新しい彼女を見つけ楽しく過ごしているという場合

だからと言って、元カノの結婚話を今のその彼女に言うのは絶対にしてはなりません。今の彼女が一番なのですから、それを差し置いて元カノと連絡を取り合うというのは、ちょっと虫が良すぎる話です。いい顔をするのは、今の彼女の前だけにしましょう。

最後に

男性と違って女性というものは、切り替えがはっきりしていますから、貴方が思うほどには、元カノの貴方に対しての思いというものはないのです。一方的に貴方が 引きずっているだけなのです。

そんなことに関わっている間には、自分自身をもっと磨いたほうが賢明です。女性は強い生き物なのです。

貴方も見習って、前を向いて歩きましょう。

(photo by http://www.ashinari.com/2012/05/30-362836.php)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120928103314 5064fe5a15779

本記事は、2012年10月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る