生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 新鮮で美味しい玉ねぎを見分ける方法

新鮮で美味しい玉ねぎを見分ける方法

2013年11月09日更新

 views

お気に入り

はじめに

家庭に常備されている野菜の代表、玉ねぎ。比較的保存できる期間も長く、便利な野菜ですよね。

今回は新鮮で美味しいたまねぎを見分ける方法をお伝えします。

新鮮で美味しいたまねぎのポイント

しっかりと乾燥されている

玉ねぎは湿気に弱い野菜です。皮がしっかりと乾燥されているものを選びましょう。

全体的に丸くて傷がない

球形に近い玉ねぎほど美味しい玉ねぎといえます。また、傷から痛むので傷がないものを選びましょう。

頭(玉ねぎの上の部分)を押したときに硬い

玉ねぎは基本的には頭から傷んでいく野菜です。頭の部分やそのまわりを押してみてしっかりと硬さを感じる玉ねぎの方が新鮮です。

根が出ていない

根が出ていると、そちらに栄養が行ってしまっていると考えられます。根が出ていないものを選んだほうが美味しいです。

冷凍保存は炒めてから

玉ねぎはそのままでも長期保存ができる野菜なので、冷凍する必要はあまりないと思いますが、冷凍する場合は必ずしっかり火を通してから冷凍してください。

そのまま保存する時は、常温で風通しの良い日陰に保存するとよいです。また、湿気に弱い野菜なので、湿度の高いところは避けましょう。

おわりに

いかがでしたか。

玉ねぎはバラ売りも多く、手にとって選ぶ機会も多い野菜です。ぜひこのポイントを参考にしてみてください。

(Photo by 足成

この記事で使われている画像一覧

  • 20120927174009 506410e98b089

本記事は、2013年11月09日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る