生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon moneyマネー

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 貯金を続けるワザ

貯金を続けるワザ

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

貯金は出来る人、出来ない人がはっきり分かれます。貯金ができる人は、毎日コツコツ何事も続けられる人が多いです。

逆に貯金がなかなか出来ない人は、ついつい余計なものを買ってしまったり、浪費家の人が多いです。

まずは貯金を続けるために何をしたらよいかを紹介します。

貯金を続けるコツ

自分の収入と支出を見つめなおす

まず貯金をするためには、自分の収入と毎月の支出を計算しましょう。家賃や光熱費等必ず必要になってくる経費や、服や美容代等の趣味代等がいくらかかっているかを見つめなおしてみましょう。

必ず自分が使いすぎている部分がわかるはずです。そしていくら削れるか、いくら貯金ができるのかを考えます。

定期預金をする

毎月必ず2万円は貯金できそうだと考えた場合、定期預金を月々2万円することをオススメします。

定期預金は、毎月引かれて貯金が勝手に出来るので、ついつい使いすぎてしまう人にはもってこいです。会社に財形制度がある人は、財形を月々するのをオススメします。

定期預金は、1度契約するとなかなかお金をおろすことができないので、お金を貯めれない人は、自分で貯金をするよりも貯金がたまりやすいです。

目標を立てる

なかなか貯金をするには目標がないと続きません。貯金ができない人は、「貯金をする意味がよくわからないから、貯めない」という人も多いです。

貯金が無い人とは結婚したくありませんよね?友達から旅行に行こうと誘われてもお金がないから断ることはプライドが傷つきますよね?

貯金をするには、目標を立てましょう。恋人がいる人であれば、「結婚資金を貯める」や、「OO万円貯めてヨーロッパに行く」等の具体的な目標を立てましょう。

そしてその目標を目立つところに貼ったりすると、ますます貯金しやすくなります。貯金もダイエットも意識次第なのです。

おわりに

貯金が出来る人になることは、実は簡単なのです。つい使いすぎてしまう人、いつも貯金が出来ない人は、いざというときとても苦労します。

まず自分の収入、支出を見つめなおし、毎月必ず貯める額を決めて、実行しましょう。

(Photo by http://www.flickr.com/photos/ginza-line/2147568911/)

この記事で使われている画像一覧

  • 20101019154044

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る