生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. アルバイト面接で確認するポイント

アルバイト面接で確認するポイント

2013年11月01日更新

 views

お気に入り

はじめに

アルバイト面接に挑むとき、頭の中ではきっと「どんな質問をされるだろう」とか、「ちゃんと答えられるだろうか」ばかり考えていませんか?

確かにあなたが質問されることがメインだとは思いますが、あなた自身も快適に働くためにその職場を知る必要があります。

ここでは確かめておくべきポイントを、ご紹介いたします。

必ず確認しよう

業務内容

稀に求人広告に書かれている事と、実際の業務に違いがある事があります。あなたが思っている業務と、その会社が求人をしているポストの業務に、差異が無いかしっかりと確認しましょう。

またメインの仕事以外にも、色々と雑務が発生します。メインの業務以外にどのような業務があるか、確かめておくのも良いでしょう。

資格や経験が必要な求人には、自分のスキルでOKなのかも確認して下さい。

労働時間

勤務の日は何分前に職場に着いたらいいのか、また残業は月(週)平均で、どれくらい発生するのかなども、確認して下さい。

多少の残業くらい大丈夫だと思っていても、「自分が考えているよりも大幅に残業をしなければならなかった・・・・」という状況になることもあります。

服装や持ち物

制服があるような職場では、基本的に無償で貸し出しを行っていると思いますが、「靴だけは用意して下さい。」と言われる事もあります。

面接官が言い忘れて、実は黒い靴しかダメなのにスニーカーで出勤してしまって、嫌な思いをしてしまった。など無いように、念のため勤務中の服装の確認をして下さい。

合否連絡

最後に一番大切な合否連絡が、いつ・どのようにされるかを、しっかりと確かめて下さい。

携帯電話に電話が掛かってくる場合が多いので、履歴書の電話番号は十分に確認しましょう。

また、留守番電話設定にしておくことも大切です。電話に出られなかった場合は、出来る限り早急に連絡することを心がけて下さい。

おわりに

ほとんどの面接で、一番最後に面接官が「では最後に○○さん(あなた)から、何か質問はありますでしょうか?」と言われます。

最後という言葉を聞いて、力が抜けてしまいそうにもなりますが、しっかりと質問し疑問点や曖昧な部分を全て解消して、気持ちよく終わりましょう。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100913144108

本記事は、2013年11月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る