生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. おいしいレタスの見分け方

おいしいレタスの見分け方

2013年11月04日更新

 views

お気に入り

はじめに

レタスのみずみずしく、しゃきっとした食感は美味しいですよね。ここでは美味しいレタスの見分け方を紹介します。

美味しいレタスとは?

持ってみて軽く感じる

手にとった時に大きさの割に軽く感じるものが美味しいです。逆に、手に取った時にずっしり重く感じるものは育ちすぎ、葉が硬く、苦味がある場合があります。

重いと育ちすぎなので、軽めのを選びましょう。

見た目の美しさ

  • みずみずしい淡い緑色
  • つやがある
  • 葉がぎっしりつまっていない

など、見た目が美しいものを選びましょう。また、レタスを裏返してみて芯の切り口部分が白くて、赤くなっていないものもオススメです。

濃い緑色は収穫期より早めの可能性があります。

シャキッとしたレタスをたべるには?

一枚ずつ葉をはがし、たっぷりの氷水に浸すとシャキっとします。また、ドレッシングは食べる直前にかけるとシャキシャキ感が失われません。

長く漬けるとビタミンCが流出するので注意しましょう。

保存方法

レタスは日持ちしない野菜の代表です。ちょっとした工夫で一週間くらい持たせることができます。

  • STEP1

芯の部分を薄く切り落とします。

  • STEP2

水で濡らしたペーパータオルで丸ごとレタスをくるみます。

  • STEP3

その上からラップを巻いて、芯をしたにして冷蔵庫の野菜室へ入れます。

濡らしたぺーパータオルはレタスを使う毎に取り替えましょう。

おわりに

おいしいレタスの選び方と保存方法を紹介しました。

【参考文献】

『野菜のソムリエ・ベジフルキッチン』日本ベジタブル&フルーツマイスター協会著・幻冬舎

(photo by足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120925020155 5060920302aa1

本記事は、2013年11月04日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る