生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 新入社員が嫌われないようにするためのポイント

新入社員が嫌われないようにするためのポイント

2013年04月22日更新

 views

お気に入り

はじめに

就職して社会人になると、学生時代の頃の自由気ままな生活とは全く違い、規則や人間関係などでとまどってしまうことがあります。

新入社員の時に悪い印象を持たれてしまうと、そのイメージを克服するまでには、かなりの時間と努力を要するようです。

そうならない為にも、新入社員の時に守った方が良いポイントを紹介します。

新入社員の時に守った方が良いポイント

時間厳守であること

当然の事ですが、新入社員の時に研修や出社時間に遅刻したり、書類などの提出期限に間に合わなかったりしてはいけません。

必要以上に会話に入り込まないこと

先輩達の会話が盛り上がっている時に、その話題に関して、自分の方が知識があると思っても必要以上に口を挟まない方が良いです。

悪くすると「新入社員のくせに」と生意気と思われる可能性があります。

同期だけでかたまらないこと

休憩室やコピー室、廊下で気心しれた同期と顔を合わせると新入社員の時はホッとして、どおしても立ち話をしたくなるものですよね。

でも、これは自分が思っている以上に先輩達の目は厳しく、変に詮索されてしまい、悪く思われがちです。

営業時間はなるべく我慢して、退社後に思いっきり話した方が無難だと思います。

上司に媚を売らないこと

上司にも気に入られたいと思う気持ちは、新入社員も先輩達も持っています。先輩達より新入社員の自分の方が気に入られた場合、先輩達の嫉妬心に火がつき、いじめられたりする可能性もあります。

自然に上司に気に入られた場合はどうしようもありませんが、好かれるために媚を売って気を引くことはやめましょう。

先輩達の好みを知ること

先輩達が興味があるジャンルを探知して、その話題を持ちかけて話しかけてみましょう。その情報を調べて教えてあげたり、反対に先輩の話にのってあげて、花をもたせてあげるのも好かれる1つの方法です。

おわりに

新入社員の時は、仕事を覚えること、人間関係を築いていくことなどで大変ですが、乗り越えていきましょうね。

(Photo by http://www.ashinari.com/2009/08/12-026175.php)

この記事で使われている画像一覧

  • 20100913111800

本記事は、2013年04月22日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る