生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 煮物を早く作る為の4つのポイント

煮物を早く作る為の4つのポイント

2013年10月30日更新

 views

お気に入り

はじめに

味のよく染みた煮物は美味しいですが、煮込み時間がかかってしまうのが難点です。基本煮込み作業に入ったら放置でよいので楽ではありますが、節約が騒がれる昨今、ガス代も気になるところです。

そこで煮物を早く作る為のコツをいくつか紹介しますので、ぜひ実践してみてください。

煮物を早く作るコツ

食材を小さめに切る

これは基本ですね。食材が小さければ小さいほど火の通りが早くなります。なるべく切る時の大きさも揃えるようにしましょうしかし、ゴロッと大きな野菜の煮物が好きという方には向きません。

事前にレンジで加熱する

火の通りにくい食材は煮込む前にレンジで加熱してある程度火の通った状態にしておきます。(じゃがいも、にんじんなど)

やり方は、皮を向いて食材を切り、耐熱容器に入れたら水を少し入れます。(水の量は大さじ1杯ぐらい、適当で大丈夫です)ラップでふわっと蓋をしたら3分程加熱します。後は鍋に他の材料と一緒に入れて煮込んでください。煮込み時間が半分ぐらいは短縮できます。

カレーや肉じゃが、お味噌汁にじゃがいもを入れたい時などとっても早く作れます。

ラップを外すときに熱い蒸気が出てきますので火傷しないように注意してください。

大根を冷凍する

短時間では中々味の染み込まない大根ですが、短時間で味を染み込ませる工夫として隠し包丁をしたり、つまようじでプスプス穴を空ける方法があります。

しかし、見た目重視であまり切り込みや穴を空けたくない場合の方法として大根を凍らせる方法があります。

やり方は皮を向いて輪切りにした状態の大根を冷凍庫に入れて数時間凍らせます。大根を凍らせることで細胞が破壊され、味が染み込みやすくなります。

あくまでも冷凍に向くのは大根です。他の食材は味を大きく損なうものもあります。試してみるのは自己責任でお願いします。

圧力鍋を使用する

圧力鍋の魅力は何と言っても短時間で煮込み料理が完成することです。短時間で柔らかく美味しく料理が仕上がります。普段、煮込み料理をする機会が多いのであれば購入を検討してみるのも良いのではないでしょうか。

おわりに

煮物を早く作る方法を4つ紹介しました。レンジで事前に加熱する方法は煮込み料理以外にも火の通りにくい食材を使う時の下準備としてどんどん活用できます。

大根も、買ったらいくつか輪切りにして冷凍しておく習慣を付けておけば煮物をしようと思い立った時にすぐ使えるので便利です。ぜひお試しください。

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120924163629 50600d7de5c34

本記事は、2013年10月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る