生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. カラフルな色が可愛いパプリカの育て方

カラフルな色が可愛いパプリカの育て方

2012年09月25日作成

 views

普通のピーマンに比べて、肉厚で甘みのあるパプリカは栄養も豊富で、ビタミンもたっぷりです。見た目にも可愛いくて色鮮やかなパプリカは、黄、緑、オレンジ、赤、紫…など色の種類も豊富で、見ているだけでも癒されます。

更に、ちょっぴりお高い食材なので、自宅で栽培すれば気兼ねなくお料理に使えるのも魅力の一つです。

目次

用意するもの

畑栽培

  • 苦土石灰:1平方メートルあたり100g
  • 腐葉土:1平方メートルあたり5~10Lくらい
  • 黒土:1平方メートルあたり5~10Lくらい
  • 有機配合肥料(野菜用肥料やピーマン専用肥料でもOK)
  • 支柱:高さ1m以上のもの
  • 結束ひも(梱包用の紐でOK)

プランター栽培

  • 鉢:幅と深さ共に、30cm以上のもの
  • 鉢底ネット
  • 底石
  • 野菜用の培養土
  • 有機配合肥料(野菜用肥料やピーマン専用肥料でもOK)
  • 支柱:高さ1m以上のもの
  • 結束ひも(梱包用の紐でOK)

植え付け時期

寒冷地 5月中旬~6月中旬
中間地 4月中旬~6月上旬
暖地 4月中旬~5月下旬

植え付け時期は、地域や天候によって異なりますので、お住まいの地域に合わせて植え付けを行います。

育成適温は25~30℃前後。温暖な気候を好み、日あたり良好で水はけ、水もちの良い土を好みます。

植える時のポイント

苗の選び方

  • 茎が太くてしっかりしたもの
  • 節と節の間が詰まっているもの
  • 本葉7~8枚で濃い緑色のもの

これらの点に注目し、苗を選ぶと良いでしょう。

土作り・土を入れる

畑栽培
石は取り除きます。苗を植える2~3週間前までに、苦土石灰1㎡当たり100gを入れ土壌を中和させます。

苗を植える1週間~10日くらい前に、腐葉土5~10L、黒土5~10L、有機配合肥料を投入、スコップやクワで深さ30cmくらいまで土を掘り全体に混ぜ込むよう、よく耕します。

著者の畑は粘土質のため、腐葉土を多めに投入しています。腐葉土を入れることで水はけが良くなります。畑の土質に合わせて配合量を調節します。

プランター栽培

プランターに鉢底ネットを敷き、底石を3cmくらい敷き詰めたら野菜用の培養土をプランターに入れます。

植え方

畑栽培

STEP1:畝を作る
1条(1列)植えの場合、幅40~50cm、高さ20~30cmの畝を作ります。苗を2株以上植える場合は、株間40cmは空けるようにします。

STEP2:苗を植える

土に苗を植える穴を堀り、根元は少し高くして、苗は浅めに植えます。

ポットを逆さまにして苗を優しく取り出し、根元を崩さないよう植え付け、土を被せます。

ポットを逆さまにする時は、苗を指と指の間に挟むと取り出しやすいです。

パプリカは寒さには弱いため、早植えすると生育が悪くなりますので、暖かくなったら植えつけます。

STEP3:水を与える

植えつけたら、株元にたっぷり水を与えます。

プランター栽培

プランターに苗を植えます。畑栽培と同様に植えていきますが、二株以上植える場合は、幅70cm以上の深型のプランターに、株間40cm離して植えつけます。

植えつけたら、鉢の底から水が出てくるくらい、たっぷり水を与えます。

支柱の立て方

パプリカの枝は折れやすいので、植え付けと同時に支柱も立ててしまいます。

根を傷つけないように、苗から10cmくらい離して支柱を立てたら、紐で優しく8の字を描くように支柱に結び付けます。

だんだんと大きく育ってきたら、他の枝を誘引する支柱を枝に沿って立てるか、紐で上の方から枝を吊るすようにして枝を支えます。

植えた後の育て方

水やりの仕方

畑栽培

土の表面が乾いたら、たっぷり水やりします。雨の続いた後などは、地中に水分が保たれるので、地表の乾き具合などを見ながら、状況に合わせて水やりを行います。

プランター栽培

プランター栽培でも同様に、土の表面が乾いたら水やりしますが、土が乾きやすいので、水切れを起こさないように注意します。

畑、プランター栽培共に、水やりは午前、夕方の涼しい時間帯に行うようにしましょう。日中気温が高くなってからですと、水がお湯になってしまい、根を痛めてしまいます。

わき芽を摘み取る

葉と枝の間に出てくるわき芽を摘み取り、株の生育を促します。

一番花のついた主枝と、そのすぐ下の枝2本を残して3本仕立てにします。それより下のわき芽は全て摘み取ります。

一番最初の花と、2番目の花は摘み取り、3番目の花か4番目の花から育てるのが一般的です。株を大きくして収穫を多くしたい方は、3番目の花までは摘んだ方が、生育が良くなります。

株が大きくなってきたら株が疲れてしまわないよう、株の状況に合わせて整枝し、摘果します。

追肥

植え付け後2週間経ったら追肥を開始します。それからは、固形肥料で2週間に一度くらい、液体肥料で週に一度、株元から10cm程度離して肥料を施します。パプリカは肥料を好むので、追肥は必ず施しましょう。

直接株元に施すと、根が焼けてしまい枯れてしまいますので気をつけましょう。

病害虫

著者は現在のところ、病気にかかったり害虫被害の経験はありません。

コンパニオンプランツ(寄せ植え)を利用して、パプリカやピーマンの病害虫を防ぐと言われ、パプリカとの寄せ植えの相性が良い、ニラやねぎと一緒に根を絡ませて栽培中です。

基本的には、連作に弱いので、3~4年位は同じ場所でナス科の野菜を育てるのは避けます。限られた場所でしか育てられない場合は、病害虫に強い接ぎ木苗や、コンパニオンプランツを利用して、出来る限り病害虫を避ける方法もあります。

収穫

開花後60日~90日前後で色づいたら、実のつけ根の部分をハサミで切って収穫します。色づいたら早めに収穫し株に負担をかけないようにします。

寒冷地で露地栽培を行っている著者の経験上では、気温が低い時が続いたり、天候が優れない日が続くと生育が悪くなり、色づくまで時間がかかるか、色づかないことがありますので、比較的暖かい地域で日当たり良好な環境の方が栽培には適していることが分ります。

おわりに

色づくまで待てない!という方や色づかなかった方も、甘みは劣りますが未熟果のままで収穫しても、肉厚ジューシーさは健在です。美味しく食べられますので、それも一つの楽しみとして栽培されると良いと思います。

(Photo by 著者)

(イラスト by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20121003103505 506b96490f7fd
  • 20120910152439 504d87a75f53a
  • 20120910152502 504d87be79fb1
  • 20120905145206 5046e88648e95
  • 20120905145400 5046e8f87c8ca
  • 20120910162010 504d94aa901f7
  • 20120910162705 504d96499da3b
  • 20120910162630 504d962667437
  • 20121003103541 506b966d7911b

本記事は、2012年09月25日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る