生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 新入社員必見!始業・終業時間のポイント

新入社員必見!始業・終業時間のポイント

2012年08月27日更新

 views

お気に入り

はじめに

学生のうちはアルバイトをしている人も多いと思います。滑り込みセーフでかけつけたり、電話で休んだりしたことがある人はいませんか?社会人になって、仕事を始めたら、そうはいきません。

今日は、新入社員のために、始業時間、終業時間、休み時間のポイントを紹介します。

始業時間について

少なくても10分までには、出社

昔は、新入社員は誰よりも先に出社するように言われたりもしましたが、最近は、朝早く来る人も増えてきているので、他の社員より、気持ち分早いぐらいでいいと思います。

始業時間の前に、その日の仕事の予定やスケジュールを確認し、やることをメモしておくと、スムーズに仕事に入ることができます。

また、始業時間前に、電話がかかってくることもあるので、そのときは、新入社員であるあなたが、電話に出る様にしましょう。

終業時間について

帰るのは、周りの様子を確認してから

派遣社員は別として、社員の場合は終業時間になって、自分の仕事が終わって帰る前に、上司や周りの人に、 「何か手伝うことはありませんか」と聞きましょう。

新入社員のときは、一人で仕事ができるわけではなく、周りの人のサポートで仕事が成り立っています。何か手伝えることがあるときは、自分から言えば、必ず後で自分に返ってきます。

用事があって、終業時間に帰りたいとき

周りが忙しそうにしているけど、用事があって、終業時間に帰りたいときは、社会人なら、仕事を取るべきだと思います。

どうしても・・・というときは、「家族や親戚が家に来てるので」「家族の体調が悪いので」のような理由が無難です。

ただし、おすすめはしません。友達と買い物をしたり、彼と食事をしているのを、会社の人に見られる可能性もあります。新入社員の1年は、長くその会社で働きたいのなら、仕事を優先するようにしましょう。

おわりに

筆者も新入社員のときには、すごく苦労しました。新入社員の皆さんのことを応援しています。頑張ってください!

(Photo by 足成

この記事で使われている画像一覧

  • 20100911164342

本記事は、2012年08月27日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る