生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 自宅のホットプレートでお店の味が楽しめる簡単もんじゃ焼きの作り方

自宅のホットプレートでお店の味が楽しめる簡単もんじゃ焼きの作り方

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

ホットプレートを使った料理といえば焼肉、焼きそば、お好み焼きなどが思いつきますが、もんじゃ焼きも簡単に作れるんです。

もんじゃ焼きはお持ち帰りができませんよね。そこでお店のメニューでよくあるチーズもんじゃ焼きを自宅のホットプレートで簡単に作れるレシピをご紹介致します。

材料(2人分)

  • キャベツの葉:1~2枚
  • とろけるチーズ:2枚
  • 切り餅:1個
  • ツナ缶:1缶
  • コーン缶:2分の1缶
  • ベビースター:お好みで
  • 桜えび:お好みで
  • 油:少々

だし汁(生地)の材料(2人分)

  • 薄力粉:40g
  • 水:500cc
  • ウスターソース:大さじ4杯
  • しょうゆ:少々
  • 塩:少々
  • だしの素:少々

作り方

STEP1 生地を作る

ボールに薄力粉を入れ、だしの素を入れた水を少しずつ入れながら、泡だて器で混ぜます。少しずつ入れていけばダマになりません。そこにウスターソース、しょうゆ、塩を入れて混ぜてください。

STEP2 材料を切る

キャベツの葉を千切り、とろけるチーズを小さくちぎります。べビースターは袋を破かず、袋を手で揉んで中身を細かくします。切り餅も食べやすい大きさに切ります。

STEP3 野菜を炒める

ホットプレートを200度に温め、油をひきます。キャベツ、ツナ、コーンなど具を軽く炒めます。キャベツがしんなりしてきたら、ドーナツ型になるように土手を作ります。

STEP4 生地を入れて焼く

STEP3の土手ができたら、出し汁の半分とベビースター、切り餅を混ぜて、中央に入れます。切り餅がとろけてきたら、残りのだし汁とキャベツなどの具と一緒に混ぜてください。

STEP5 仕上げ

全体に火が通ったら、仕上げに桜えび、とろけるチーズをパラパラと混ぜ込みます。チーズはすぐに溶けるので最後に入れるのがおすすめです。

ホットプレート全体に生地を薄くのばして焼くとおこげができて香ばしくなりおいしいチーズもんじゃ焼きの出来上がりです。

おわりに

だし汁の生地を作る時、ダマができやすいので、少しずつ混ぜながら生地を作るのがポイントです。

材料を変えれば、色々な味のもんじゃ焼きを作ることができます。しょうゆのかわりにカレー粉を入れるとカレーもんじゃ。焼きそばの麺を炒めて入れればソバもんじゃもできますね。ぜひ作ってみてください。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100910154139

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る