生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 本当に役立った、エジプト旅行で使える現地語

本当に役立った、エジプト旅行で使える現地語

2013年11月04日更新

 views

お気に入り

はじめに

エジプトの公用語はアラビア語です。観光地のピラミッド付近は英語が通じますが、街中に入るととたんに通じませんでした。ホテル近くのスーパーマーケットに行くのも一苦労。そこで、実体験から「これは使える!」と思った現地語をお教えします。

たった一言でも、現地語を使う「努力」を

たとえ、「こんにちは。」しか言えなくても、その努力に現地の人も親近感を覚えてくれます。元々フレンドリーなお国柄だと感じたので、一言でもとても喜んでくれます。

「こんにちは」→「アッサラーム アレイコム」

この言葉は、現地で使った言葉ナンバー1です。なぜなら、時間に関係なく、朝でも昼でも夜でも使える言葉だからです。にっこりしながら一言言うだけで、とても喜んでもらえました。

「ありがとう」→「シュクラン」

親切なお国柄か、困っているとどんどん人が集まって来て、道を教えてくれました。日本語や英語の「ありがとう」より、つたない現地語での「ありがとう」は何倍も重みが増すと感じました。

「~へはどうやって行くの?」→「~イザーイ アルーフ?」

行きたい場所の住所や写真などを持っていると、効果てきめんでした。質問しても、その答えを聴き取れなければ意味がないですが、分かっていないと感じたら、相手が勝手に地図を描いてくれたり、タクシーの運転手さんに行き先を伝えてくれたりしました。

おわりに

正直、首都カイロでもこんなに英語が通じないのかとびっくりしましたが、現地語を2~3語知っているだけで、安心感が全然違います。地元の人とプチ交流もでき、旅の思い出がぐっと増えると思います。

(Photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120920154803 505abc23e655a

本記事は、2013年11月04日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る