生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon moneyマネー

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 使いすぎないVISAの買い物テクニック

使いすぎないVISAの買い物テクニック

2013年03月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

クレジットカードはとても便利なものですが、一歩間違えると翌月にとんでもない金額の請求が来てしまいます。特に給料日前にお財布の中がさみしい時はついついカードに頼ってしまいがちな方も多いようです。

金銭感覚がマヒしてしまって、気が付いたら破産の危機に陥ってしまうケースも想像を超える数の人が経験しています。自分でうまく管理出来ない方は是非これからお話する方法で利用してみて下さい。

VISAデビットを活用しよう!

まだ、知らない人がとても多いようですが、VISAデビットというカードがあります。ただし、VISAと言ってもこれはクレジットではありません。VISAとして決済は出来ますが、口座から落とされるカードの事です。

このカードの最大のメリットは口座の金額が限度額ということです。どんなに使いすぎても口座に入っている金額以上は使えないので破産のしようもありません。

オススメな使い方としては毎月、自分が使ってよいと判断した額だけVISAデビットの口座に入れておくのがよいと思います。

いくら口座の額だけしか使えないと言っても貯金している口座と合せてしまうと、ついつい使ってしまう可能性があるのは変わりませんからね。

それでは、現在VISAデビットを取り扱っている銀行をご紹介しますので参考にしてみて下さい。

スルガ銀行のVISAデビットカード

VISAデビットについて
申し込みサイト

楽天銀行(旧イーバンク銀行)のVISAデビットカード

楽天銀行のデビットのページ

楽天銀行のデビットカードは有料で300円/月もしくは3000円/年が必要になります。

おわりに

VISAデビットにすれば、前述した通り、口座に入っている金額しか使えないのでリスクは減りますが、使いすぎを完全に防止出来るわけではありません。

最低限自分で自己管理が出来ないと結局カードは使いすぎてしまう危険があるので、過去に使いすぎてしまった経験のある方は基本的にカードは使わないのが最善の方法です。

余談ですが、VISAデビットはクレジットカードではないのでブラックの方でも持つ事が出来ます。ブラックだけでVISAを持ちたいという方は是非VISAデビットを利用してみて下さい。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100910024250
  • 20100910024702
  • 20100910024724

本記事は、2013年03月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る