生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 毎日できる気軽にプチエコする方法

毎日できる気軽にプチエコする方法

2015年03月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

エコは今の時代の合言葉。大切なことだとは知っているけれど、いざ自分が取り組もうとすると、ちょっと構えてしまいませんか?

でも気構えなくても、毎日の生活をちょっと見直すだけでエコはできるのです。今回は、毎日をちょっとエコに。気軽にできるプチエコをご紹介したいと思います。

おでかけの時はマイボトルを持ち歩こう

ペットボトルの飲料は気軽に購入できて持ち運びも便利ですよね。でも、飲んだ後は必ずペットボトルがごみになってしまいます。

そこでちょっとしたおでかけや、毎日の職場などに持って行くには「マイボトル」がおすすめです。最近では、色々な種類のマイボトルが販売されていて自分好みのボトルを選ぶことができます。

マイボトルでどこでもカフェ気分

マイボトルの良い所は、自分の好きな飲み物を入れて持ち運べることです。その日の気分で紅茶を入れたり、コーヒーを入れたり。ほっと一息する時にも温かいまま、冷たいまま飲むことができてどこでもカフェ気分です。

ごみも出ず、繰り返し使うことができるのでエコ!!

こちらのサイトでは、楽しいマイボトルライフが提案されています。マイボトルでどこでもカフェ

おしゃれなマイボトルもいろいろあります。

ZOJIRUSHI ステンレスマグ SM-AF50-WB ホワイト

ZOJIRUSHI ステンレスマグ タフ SM-AF35-PL レースピンク 0.36L

ZOJIRUSHI ステンレスマグ タフ SM-AF50-BF クリアブラック 0.5L

飲み終わった牛乳パックはリサイクルに

毎日飲む牛乳。飲み終わった後のパックは捨ててしまいますか?ちょっと面倒ですが、牛乳パックはリサイクルに出してみましょう。

牛乳パックはスーパーなどのリサイクルBOXへ

牛乳パックは軽く水洗いし、つなぎ目にそって裂くときれいに開きます。よく乾かしたものをスーパーなどのリサイクルBOXへ。

回収された牛乳パックのゆくえは?

家庭から出された牛乳パックは、市民団体、自治体、店舗などさまざまなルートで回収され、製紙メーカーへ送られてトイレットペーパーなどに生まれ変っているそうです。

その他、キッチンペーパー、紙トレー、紙紐、うちわ、各種パッケージなど牛乳パック再利用製品の種類は、年々増え、アイテム数も400以上に上っているそうですよ。

牛乳パック何枚でトイレットペーパー1個になるの?

1kg約30枚で5個のトイレットペーパーができるそう。牛乳パック6枚で1個のトイレットペーパーができることになります。

捨てればゴミ、リサイクルに出せば新たな製品に。とってもエコ!!

注文のしすぎ、買いすぎをなくして残さず食べる

外食をする時、ちょっと頼みすぎて残してしまうことありますよね。またスーパーなどで安い!!とつい買いすぎてしまい使い切れないことも・・・。

過剰にならないようセーブする

外食の注文も、毎日の買い物も、過剰にならないようセーブする気持ちを持つことで、ゴミを増やさず無駄遣いも減らすことができ一石二鳥です。

外食の時にできるエコ

お店によっていろいろですが、中華料理などは食べきれなかったものを包んでお持ち帰りにしてくれるお店もあります。衛生上問題なければ、「お持ち帰りする」という選択肢もあります。

家庭でできるエコ

買ってきた食材を、ひと目で何がどれくらいあるのか、分かりやすく冷蔵庫に保存することで、買いすぎを防ぐことができます。

例えば、納豆や豆腐など常備しておきたい食材は、それ専用のBOXを用意し、そこに入るだけしか買わない、野菜も種類ごとにBOXを作り、立てて収納して見やすくするなど。

また、それぞれのBOXの中でも賞味期限のあるものは、古いものを手前に、などとすると、使い漏れを防ぐことができ、なお良いと思います。

無駄遣いもゴミも減らせて一石二鳥。残さず食べてエコ!!

おわりに

エコは身近なところから始めることができます。今回は、食に関するエコを取り上げましたので、特に主婦の方は実践しやすいのではないでしょうか。

まず、エコはキッチンをあずかる主婦の方から、そしてもちろん、子供から大人まで、簡単にできることから始めてみましょう!!

(photo by http://www.flickr.com/photos/adelie33/3865167386/sizes/m/)

この記事で使われている画像一覧

  • 20100910001730

本記事は、2015年03月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る