生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. お金が貯まる!電気代の無駄をなくす方法

お金が貯まる!電気代の無駄をなくす方法

2014年01月09日更新

 views

お気に入り

はじめに

毎日使う、電気、ガス、水道。けっこう無駄に使用している事が多い。わずかの金額だからといってあなどってはいけません。毎日の事だけに小さな気遣いで大きな節約になります。

アンペアを落として節約

いろいろ工夫して電気代を節約しようと考える前に、まず自宅の契約アンペアをチェックしてみましょう。契約アンペアによってかなり電気代の基本料金が違います。

基本料金

たとえば東京電力では、20Aの場合の基本料金は520円で、30Aならば780円、40Aで1040円、50Aが1300円、60Aになると1560円もする。

よく考えてから契約しよう!

アンペアが低いと少し電気を使っただけでブレーカーが落ちてしまうからと、高いアンペア契約するという人がいますが、実際4人家族で2LDKぐらいの家庭なら、30Aで十分です。

30Aと60Aでは、その差はなんと780円です。こまめに節電するより、よほど簡単に節約できます。

アンペアの変更は、電力会社に連絡すれば無料ですぐに行ってくれます。

節電、節水になる洗濯物の量は8割

洗濯機の電気代は、洗濯物の量が少なくても多くてもほとんど変わりません。なので、洗濯回数が重要です。

1回の洗濯量は?

もっとも、節電、節水になる洗濯物の量は、洗濯機の容量の8割です。最近は7キログラムや、8キログラムという大型洗濯機も多いので、その8割というとかなりの量ですね。

一度、洗濯物を測ってみるといいでしょう。意外と少ないのでは?まとめて洗うようにすれば、手間もかからず、洗剤の節約にも、そして節電、節水にもなります。

風呂場の換気扇は使わない

お風呂に入り上がったあと、そのままにしておくとカビのもとになるので、しばらくの間、換気扇を回すようにしている人が多いでしょう。でも、これは電気代の無駄です。

カビ対策

お風呂から出る前に、壁や天井に冷たい水のシャワーをかけましょう。カビは、温度変化に弱いので十分な対策といえるでしょう。さらに、ドアは閉めずに換気しておけばOKです。

おわりに

まだまだ、節約術はもちろんありますが、すぐに簡単に出来るものを選んでみました。よかったら、試してみてください。

本記事は、2014年01月09日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る