生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon health健康・医療

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 便秘が解消する簡単なヨーグルトの作り方

便秘が解消する簡単なヨーグルトの作り方

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

みなさんは便秘に良く効く食材って、何が思い浮かびますか?繊維がたっぷりのサツマイモ?乳製品?

色々挙げられますが、"手づくりヨーグルト"がお勧めです。

果物とヨーグルトを和えるだけの簡単なレシピですが、毎朝食に食べればお通じがとっても良くなりますよ。

その1"ヨーグルトと果物の良い関係"

便通を整える効果がある食物繊維には2種類あります。”難消化性のもの”と”保水性のもの”です。

難消化性は大腸まで届き、腸を刺激して蠕動運動を促します。保水性は腸内で水分を含み、便を軟らかく出やすくします。

果物にはその両方が豊富に含まれ、特にプルーンとイチジクはたっぷり!またヨーグルトには腸内の善玉菌”ビフィズス菌”がたっぷり含まれ、果物にはビフィズス菌が餌とするオリゴ糖も豊富なのです。

その2"なぜ朝食に食べると良いのか"

生き物の身体は、朝は排泄・昼は代謝・夜は溜め込む習性があります。フルーツヨーグルトを昼に食べるのは構いませんが、夜はお勧めしません。

ヨーグルトは低カロリーとはいえ冷たい食品なので、夜にとると身体が冷えてしまい、むくみや翌日の疲れの原因になることもあります。

朝は身体が前日までに溜め込んだものを排泄しよう!という状態で体温も上がっていきやすいので、ヨーグルトを食べるにはお勧めです。

また、朝の食事は摂食反射という、食物が身体に入ってきたから便を出そう!という反応が起きやすいのでスムーズな便通に効果があります。

その3"作り方"

材料

  • ヨーグルト300g 
  • 種なしドライプルーン5粒 
  • イチジク2個
イチジクはドライでも生でもOKです。私は生の方が食感が変わって好きです

作り方

  • ①プルーンとイチジクを刻む。
  • ②器に①とヨーグルトを入れて和える。

以上です。

夜のうちに作っておければ、朝にはビフィズス菌が増えて便通効果抜群ですよ♪

おわりに

ビフィズス菌は毎日腸から出ていきます。簡単に作れるのがこのヨーグルトの良いところなので、ぜひ毎朝新しいビフィズス菌を摂りましょう♪

薬と違って食べ物の自然の力でお通じを良くするので、身体にも優しくてオススメですよ♪

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る