生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 時間短縮!パパッとお弁当を作るコツ

時間短縮!パパッとお弁当を作るコツ

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

自分の為、ご主人の為、お子さんの為…お弁当の中身を毎日考えるのって、夕飯を考えるくらい頭を使いますよね。

だんだんマンネリ化してくると、作ってることすら飽きてしまうし。。。

お弁当の種を冷凍保存することによって少しでも楽に、楽しく作れたら嬉しいですよね。

緑の野菜

お弁当で大切なのは色合いです。野菜の鮮やかな【緑色】はお弁当に欠かせません。

ほうれんそう、小松菜、ブロッコリ、おくら、ちんげん菜

これらの野菜は固めに茹でたら、水気をのぞいて一回分づつラップすべし!解凍は自然解凍がお勧めです。

お弁当に入れるときは、ゴマや削り節をのせておひたしやあえ物に使うのもヨシ。竹輪などと少し炒めて味付けするのもおいしいです。

がっつりお肉

一品は欲しいですよね、お肉のおかず。

焼く直前で冷凍保存

揚げ物や餃子などは一回分にまとめて冷凍保存。そして凍ったまま調理して入れちゃいましょう。

調理済みで冷凍保存

ハンバーグや肉だんごは荒熱を取ったら一回分づつで保存しておきます。使う前日に冷蔵庫へ移動してゆっくり解凍しておくといいです。

お魚

焼き魚

焼いてから一回分ずつにラップをして冷凍保存。解凍は自然解凍かレンジの解凍ボタンにお任せで大丈夫です。

サケのピンク色はお弁当への食欲を惹きたてますし、塩サバも白いご飯にピッタリです。焼いてあるのでそのまま、お弁当のおかずとして使えます。

果物

基本は皮をむいて

バナナやブドウ、オレンジなど皮をむいてから酸化して黒っぽくなるのを防ぐためにレモン汁を適量かけて保存します。

そしてそのままお弁当のデザートとして使います。

デザートがあると嬉しいですよね。これはおまけなので、お弁当に入れる際は別の容器に入れることをお勧めします。

おわりに

忙しい朝の貴重な時間を使うので、効率の良いお弁当作りにしたいですよね。

冷凍保存を上手に使って、おいしいお弁当をつくりましょう。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100908142001

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る