生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon wedding結婚

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 結婚式2次会で「平服で」と書いてあった場合の男性の服装のポイント

結婚式2次会で「平服で」と書いてあった場合の男性の服装のポイント

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

平服でお越し下さい?

よく結婚式の2次会の招待状に、「平服でお越し下さい」と書いてありますが、どういう意図なのでしょうか。意図として一番強調したいことは、平服で来てほしいということではありません。会の雰囲気が、正装で行くような堅苦しい雰囲気ではありませんよ。という意味です。

では結局、男性の結婚式二次会服装マナーはどうすればいいのでしょうか。その疑問にお答えします。

服装選びの3つのポイント

結婚式の男性の服装のルール

  • 花婿より目立つ服を着てはいけない

白スーツや、派手な服は、結婚式から披露宴、2次会にいたるまで着ないのがマナーです。

  • 黒のネクタイは禁止

黒のネクタイは、お葬式の時のもので、結婚式に付けて行くと、結婚を祝っていない人と思われてしまいます。

披露宴との違い

  • 新婦がウェディングドレスを脱ぎ、新郎がタキシードを脱ぐ

新郎新婦が、2次会からは楽な格好に着替えてきます。新婦も、人によってはワンピースなどで来ます。なので、一緒に写真を撮るときも、どの人が新婦なのかわからなくなったりします。なので、それよりも目立たないものをチョイスしましょう。

  • いっきに緊張の糸がほどけるとき

新郎新婦にとっては、披露宴が終われば、あとは気楽な行事のみとなります。なので、しきいの高い会にはしたくないはずです。なので、ある程度のゆるい格好でもいいと思います。ただ、ジーンズやTシャツなど、私服と呼ばれるものは辞めておいたほうがいいです。

目立たない大人のお洒落

  • 出会いと再会の場

参加者も、披露宴よりもっと、たくさんの人と話す場になると思います。中には、久しぶりに会う同級生や、独身の異性もたくさんいると思います。そこから、恋愛に発展するパターンも珍しくはありません。なので、目立ってはいけないといいながらも、その中で最大限にお洒落をしましょう。

  • せめてネクタイだけは変えましょう

だいたいは、披露宴の後なので、男性はそのままの服装とか、ジャケットを脱いだだけという人が多いです。結婚式では、白のネクタイや、それに近いネクタイを付けてると思いますが、ネクタイを変えるだけで、だいぶ雰囲気が変わります。

トレンドとしては、ピンクや水色など明るい色のネクタイが人気です。もちろん、ノーネクタイでシルバーアクセサリーを身につけるのもありです。必ず、多少のお洒落はしましょう。

  • これはダサい(要注意)

お酒も飲む席ですので、シャツがすけることが多いです。その際に、スーツのジャケットの下にシャツを着るときは完全に無地のもので、中には、タンクトップのようなものを着る人がいるのですが、中の服にも、少しワンポイント気を使い、タンクトップはやめましょう。あと、アクセサリーと合わせる場合も、必ず少しだけ肌が露出しているものか、黒などのTシャツを着ましょう。あと、場によってですが、ワイシャツを脱ぐこともあるのでご注意を。

さいごに

親しき仲にも礼儀あり。相手が、どういう意図で「平服」と言っているのかを読み取り、恥ずかしくない格好をしましょう。あとは、2次会は皆で盛り上げて、あなた自身も楽しんで、新郎新婦の思い出作りをしましょう。

(photo by http://www.ashinari.com/2009/07/23-025056.php)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120916063342 5054f436705c4

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る