生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon moneyマネー

  1.  
  2.  
  3.  
  4. コツコツと貯金できる方法

コツコツと貯金できる方法

2012年09月15日更新

 views

お気に入り

はじめに

貯金をしようとは思うがつい使ってしまう。初めはどんどん貯められるのだが、長続きしないと言う人へ簡単に貯金癖をつける方法を書いていきます。

用意するもの

  • 貯金箱
  • 使っていない口座

やり方

ちょこちょこと小銭を定期的に貯金して、一定期間経ったら普段使っていない口座に入れてしまう。

STEP1:無理の無い貯金

貯金を始めた当初はやる気があり、どんどん貯金をするが、自分の中で熱が冷めてしまったら、ぱったりと貯金をしなくなり、逆に使ってしまうと言う事はありませんか?それでは折角やる気になったと言うのに勿体無いです。

貯金は長期にわたって行う事が必要で、その癖がついていないと、何か予期せぬ出費の時に大変困ってしまう事でしょう。ですので、コツコツ貯めていく癖をつけなくてはいけません。

しかし、初めから上手くいくわけではありません。時には使ってしまう事もあるでしょう。しかし、そこで使ってしまったから終わりではなく、何回もやり直し、少しずつ癖をつけていけば、自分のリズムで貯金が出来るようになります。

STEP2:ルールを決める

例えば「一日に一回は貯金をする」「100円玉か500円玉にする」「寝る前にお財布を見て小銭が多いようなら貯金する」等のルールを作りましょう。そして、なるべくそれを守るようにします。

しかし、STEP1で書いた通り、無理な貯金はしない様に、自分のお財布と出費予定を大雑把に計算する事が大切です。又、忘れてしまった日があっても罰則をつけない方が良いでしょう。

「罰則として2倍いれる」等の罰を決めて自分ルールを作ることもいいとは思いますが、何故しない方が良いと、ここで書いたかといいますと、罰則をつけて、そのルールに従えなかった時に辞めてしまう人がいるからです。

STEP3:口座に入れる

有る一定期間がたったら、一度貯めた貯金を口座に入れましょう。大体その目安は一ヶ月おきくらいが望ましいです。そうする事により、毎回どれくらい貯められたと言うのが明確になり、形として残る事により現実味が出て、意欲が湧きます。

貯金癖がついていない時に、いきなりお小遣い帖や家計簿をつけると言うのは大変で、飽きやすく、長続きしませんが、これなら勝手に機械が記帳してくれますし、普段使っていない口座なら、貯金を入れた額が見やすくまとまります。

おわりに

何事もをつける事は大変ですが、結構軽く簡単な方法で緩く行う事により、段々とついていきます。始めは上手くいかなかったりする事で苛立ったり、怠けてしまったりしてしまうことがあるでしょう。

しかし、そこで全て終わらしてしまうのではなく、気がついたら諦めずに続けていきましょう。又、その時に新しい方法に切り替えず、アレンジを加えたとしても、同じ様な方法を繰り返し行っていくのが良いです。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100909124457

本記事は、2012年09月15日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る