生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon moneyマネー

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 初めての人に向けたFX入門(基礎編)

初めての人に向けたFX入門(基礎編)

2013年03月11日更新

 views

お気に入り

これからFXを始める人に。

個人的には『やらないでください』と言いたいところではありますが、それではライフレシピになりませんので。ただよくFXをギャンブルと呼ぶ方がいますが、やり方によっては本当にそうです。

ここではギャンブルにしないためのFXをお教えしたいと思います。

テクニカルよりファンダメンタル

取引の思考で有名なのがこのファンダメンタルとテクニカルです。単純に説明するとテクニカルはチャートの動きで今後の動きを判断します。ファンダメンタルはニュースに流れる金融情報から判断するものです。

テクニカルのリスク

自動取引等ではテクニカルで判断されることも多いですが、それ自身は統計や数字等で判断できるという点からです。これ自体が過去のデータを元にしたものですので外れることも多いです。

特に自動取引ではまんまと騙し(利益確定タイミングで一時的に上昇下落すること)にひっかかることが多いです。一気に損失を出すこともありますが、比較的運用成績は良いです。

ファンダメンタルのリスク

それであれば確実に値動きがある、ファンダメンタルでとっていくのがよいです。ただしこちらは経済指標と呼ばれるもの以外はほぼ突発的に発生します。常に情報を得ていないと見落としてしまいます。

ただファンダメンタルの情報はツイッターやRSS等で集めることは可能ですし、値動きがあったときにネットで検索をすれば理由がわかるものも多いです。なにより、確実に値動きがあるので確実に稼げるのもメリットです。

なにより、テクニカルは確率論や過去の統計からこういう動きをするというもの。ファンダメンタルは悪化や良化による確定的な動きです。これに勝るものはないです。ただ理解までに勉強が必要になってきますが。

簡単に稼げる≠FXではない

一時期サラリーマン向けの副業としてもてはやされた時期もありますが、実際に儲かった人というのはごく一部。それだけに確実に稼げる手法をまず見つけることが必要です。

まずはチャートを見ること、経済指標を知ること、値動きが大きく変わったらその理由を経済ニュース等で調べる癖をつけること。その原因と値動きを見ておくだけでもだいぶ勉強になります。

日本は時間帯的にFXがしやすいと言われています。それだけにうまくその特性を活かしていくべきではあります。これをきっかけに慎重にFXを初めてみてはいかがでしょうか。

本記事は、2013年03月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る