生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon moneyマネー

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 本当は怖くないクレジットカード、3つの誤解

本当は怖くないクレジットカード、3つの誤解

2013年03月12日更新

 views

お気に入り

クレジットカードは怖い?

とっても便利で買物するだけでポイントが付き、プレゼントがもらえたり色々なサービスが受けられたり。

良い事尽くめのクレジットカードですがなんだか怖い気がして使ってない、作ってないという方は案外いらっしゃるようです。

今回はそんな「クレジットカード食わず嫌い」の方にありがちなクレジットカードへの誤解を解くための情報をご紹介します。

クレジットカードのこんな誤解

自分の限界を超えて使ってしまい月末に困りそう

使いすぎて引き落としの時にお金が足りなかったらどうなるの?

ってことですよね?ああ、とってもわかりますその不安。しかも残高足りないのにどんどん使っちゃって・・・カード破産!!とか。想像したらプルプルしちゃいますよね。

でも大丈夫。

もしあなたが本当に「カードを使っちゃマズイ人」だった場合、どうなるでしょう。カード会社が放っておきません。

クレジットカードは信用がないと作れないし使えないのです。そんなことを繰り返す人のカードはすぐに止められて使えなくされちゃいます。強制終了です。

それでも「まだなんか怖いなぁ」と言う場合は限度額を最低にしておくなどすればさらに安心ですよ。

現金無しで買物できるのでなんだかわからなくなりそう

逆。逆なんです。現金で買物するとレシートもらいますよね?カードで買った場合は?もちろんレシートももらえます。

さらに、筆者が使っているカードの場合だと、カードを使ったら「いつどこで何をいくらで買いましたよ」という詳細がメールで送られてきます。

さらに!!なんと家族カードを持っている旦那が「いつどこで何をいくらで買ったか」までメールで連絡してくれるのです(笑)

「なにがなんだかわからなくなる」どころか、記録も残ってすごく管理しやすくなりますよ。

メールで記録が送られてくるのには設定などが要ります。もちろんカード会社によってサービスはまちまちです。

万一紛失した時などに使用されたら怖い

盗まれたり落としたりしたらどうなるんだろう。すぐ気がついてもクレジット会社に連絡するまでの間に使われちゃってたら?それが高額だったら?怖い~。怖すぎる~!

大丈夫です。もし盗まれたり落としたりして、カード会社に連絡するまでの間に使われてしまったとしてもそれが一定の期間内であれば、あなたは弁償しなくてもいいのです。

ただし、あなたに大きな落ち度がある場合は別です。

友達にカードを貸してしまって予想外に使われちゃった、とか暗証番号を教えてしまった、などの場合はあなたが払わなければいけない場合があります。

カード会社によって違いますので必ず契約書を確認しましょう

おわりに

ローンが嫌い。買物は現金でする。だってローンとかカードとかで買って金利を払うのはもったいない。

クレジットカードの使い方はあなたが決めていいのです。「一括払いしか使わない」でもいいし「リボ払いにしよう」でもいいし「今回は12回払いにしよう」でもいいのです。

金利がもったいないどころか、ポイントもついてすごくお得になるカードがたくさんあります。自分のカードの使い方は自分でプロデュースしちゃいましょう!

この記事で使われている画像一覧

  • 20100909105128

本記事は、2013年03月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る