生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 苦手意識を捨てよ!外国人と友達付き合いをする時の5ポイント

苦手意識を捨てよ!外国人と友達付き合いをする時の5ポイント

2012年09月13日作成

 views

外国人の友達と仲良くしている人を見るとうらやましいですね。言葉の壁だけではなく、文化や習慣の違いがあると、日本人同士のようにはうまく付き合えないのではと思ってしまう人もいるかも知れません。外国人というだけで自分の方が身構えてしまうのでしょうか。

そこで今回は知り合った外国人と楽に友達付き合いができるように、ポイントを幾つか紹介しましょう。

目次

ポイントその1:言葉の壁を破れ!

どうしても日本人は外国語に対して苦手意識があります。英語教育を受けているけれど会話はダメ、そのほかの言語なんてもっと無理と思っていませんか?外国の人達は全くそんなことを気にしないのです。何か伝えたいと心を開くだけで意志疎通はできるもの

どんどん話しかけましょう。こっちが必死に伝えようとすれば、相手も必死に耳を傾けて理解しようとしてくれます。

ポイントその2:社交辞令は言わない!

日本人なら言いまわしや表情などで言葉の裏を読んでくれたり、全部言わなくても言いたいことを理解してくれたりします。でも外国人は本音で話をするので、自分も本音で付き合うこと。相手が気を悪くするからと、やんわりした言い方をするとトラブルのもとになります。

筆者の体験談ですが、「近くに来たら家にも寄って下さいね」と話の流れで言ったつもりが実際に訪ねて来られ、泊まるつもりまでされていたのには驚きました。相手は言葉どおり本当に喜んで来てくれたのに、泊めてあげられなかったことを反省しました。

ポイントその3:NOをハッキリ言う!

外国人と付き合うと意志表示がはっきりしていることがよくわかります。友達だから本意ではなくても合わせよう、考えが違うけれど場の空気が悪くなるから一応合わせておこうというのは日本人的な優しさでもあるけれど、優柔不断なところです。

外国人は嫌な時はNOを言いますし、それは違うと反論します。それによって付き合いが変わることはないのです。もし相手にNOと言われても気を悪くしてはいけないし、自分も無理して合わせようとしないで言うべきところはNOと言いましょう。

ポイントその4:友達の友達はみな友達!

外国人特に欧米の人達はパーティー好きですね。特別なことがなくても気軽にパーティーを開きますし、誰が主催者かわかってなくても誘われれば喜んで参加します。そして君も行かない?と声をかけてくれます。

日本人なら知らない人のパーティーというとちょっと抵抗があるのですが、そのあたりの感覚は違いますね。気軽に出かけてそこでまた新しい友達ができて、とどんどん友達を増やしていきます。よろしくないパーティーは別としてそういう機会があるなら参加してみてはいかがでしょうか。途中で帰ったりしても誰も文句は言いませんよ。

フレンドリーな付き合いを心がけよう!

ポイントその5:日本を勉強しよう!

外国の人と話すをいつも感じるのは日本人が日本のことを尋ねられて答えられないことが多いということです。外国の人達は自分の国についてとてもよく勉強しているし、また日本人には日本の文化や習慣についてよく質問します。

自分の国のことなのに何にも知らないと言うのは、国際的な交流を深めるのにはマイナス材料と言えます。もっと自分の国の文化や伝統に興味を持って、外国人との話題を広げるようにしたいですね。

外国人と仲良くするには日本をもっと知るべし!

おわりに

いかがでしたか。外国人と友達付き合いを続けるにはやはり国際人にならなければいけませんね。日本人的なきめ細やかな気配りというのは外国人に大変好感を持たれます。そしてその上で自分の意志をしっかり伝えることや、相手の意志を尊重することが大事だと言えます。お互いが刺激し合える友達になれるといいですね。

本記事は、2012年09月13日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る