生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 新入社員内定式のマナー

新入社員内定式のマナー

2013年04月22日更新

 views

お気に入り

はじめに

9月に入り、来月には内定式を控えている大学4年生も多いのではないでしょうか。今日は、そんな内定式のマナーについて、紹介します。

内定式とは?

内定式とは、通常10月1日に会社が正式な内定通知を学生に渡すための式です。主な目的は「内定書」をもらって、それに承諾し、「承諾書」を提出するためです。

どんなことをするの?

  • 社長・取締役・人事部長の挨拶
  • 内定書の授与・事務手続き
  • 業務や会社の流れの説明
  • 顔合わせの食事会

会社によっても違いますが、これが主な内容で、今は経費削減で、社内でするところがほとんどのようですが、大会社では、ホテルなどの式場を借り切ってやることもあります。

参加する際の注意点

面接ではないので、あまりかっちりし過ぎなくてもいいですが、最低限のマナーは守るようにしましょう。スーツで参加するのが無難です。女性の場合は、インナーで変化を加えるといいでしょう。

髪はあまりに明るい色の場合は、スプレーなどで少し色を落としたほうがいいかもしれません。真っ黒にすることはありませんが、会社の人の目に入って、おかしくない程度にしましょう。

また、ブランドバックなども悪いとは言いませんが、ブランド名が大きく入っているようなものは避けるようにしましょう。

持ち物

会社側から指示があるとは思いますが、

  • 筆記用具
  • 手帳
  • お金・携帯
  • ハンカチ・ティッシュ

ぐらいは必ず持っていくようにしましょう。印鑑は会社から指示がある場合で。また、使うことは少ないかもしれませんが、会社の資料も持って行ってもいいでしょう。

内定式の後に、内定者と一緒に飲みに行くこともあるかもしれないので、ちょっと多めにお金を持って行くようにしましょう。

おわりに

社会人としての一歩として歩み出す内定式です。いろいろな人と話すように心がけましょう。遅刻だけには気をつけてくださいね。

この記事で使われている画像一覧

  • 20100905173444
  • 20100905173459

本記事は、2013年04月22日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る