生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. フランス観光開発機構スタッフが教える!パリのカフェマナー

フランス観光開発機構スタッフが教える!パリのカフェマナー

2012年09月06日作成

 views

皆さんは“海外でおいしい食事が楽しめる国”と言われたらどこを思い浮かべますか?

やはりヨーロッパを真っ先に思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。そして、大半の方はフランスをイメージされることでしょう。

フランスに旅行した際には、その食文化をぜひ味わいたいものですよね。そこでここではフランス観光開発機構から、パリ観光時に知っておきたいちょっとしたポイントとしてカフェを楽しむ方法を紹介したいと思います。

パリのカフェを楽しむ

© Paris Tourist Office

パリの生活にまず欠かせないのがカフェです。パリの人はとてもおしゃべり好きで、一日中、カフェでおしゃべりをして楽しむこともしばしばです。

パリでの日常の雰囲気を味わいたい方は、ぜひカフェを利用し、パリジャン・パリジェンヌの気分になってみましょう。

カフェには観光地の高級カフェから場末のこぢんまりしたカフェまでありますが、そのルールはだいたい同じです。気取らず、構えず、気軽に利用してみましょう。

パリのカフェマナー

© Paris Tourist Office

座席の選び方

パリのカフェには大きく分けて2種類の席があります。

テーブル席とカウンター席。ほとんどの場合、カウンターの立ち飲みの方が同じ商品でも料金が安いのですが、これはサービスが座席のあるなしで違うという意味です。

カフェに入ったら、自分で席を選んで座ってしまって大丈夫。案内を待っているといつまでも待たされる可能性があります……。

レストランの場合はお店の人に人数を言って案内を待ってください。

注文の仕方

座って待っているとウェイターがやって来るので(来ないときは呼びましょう)注文しましょう。注文の仕方は、欲しい商品名の後に「シルブ プレ(S’il vous plait)」を付ければOKです。

パリのカフェのメニューはどこも大体同じです。コーヒーは基本的にエスプレッソですので、「アンカフェ(un cafe)」と言えば濃くて小さいエスプレッソが出てきます。

普通のコーヒーが欲しい人は「カフェアロンジェ(café allongé)」と注文しましょう。

ビールが欲しい場合には、「アンドゥミ(un demi)」で250mlの生ビールが出てきます。ちなみに、このサイズがスタンダードなので、とことん飲みたい方は何回もドゥミを注文してください。

お勘定の仕方

「お勘定お願いします!」は、「ラディシオン シルブ プレ!(L’addition s’il vous plait !)」と言うか、もしくはウェイターにペンで物を書く仕草をしてみると、レシートを席に持ってきてくれます。

この金額には既にサービス料が含まれているので、チップはなくても大丈夫。ただし、小銭が出たときやサービスが良かったときには、多少のチップを置きましょう。

チップはわざわざ渡すのではなく、席を立つ際に置いておけば大丈夫です。

さいごに

いかがでしたか。ここで紹介したマナーさえ知っていれば、すぐにパリのカフェを利用できますよ。ぜひ気軽に利用して、パリを満喫してくださいね!

この記事で使われている画像一覧

  • 20120905214529 5047496987ebe
  • 20120905214658 504749c25c7f2

本記事は、2012年09月06日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る