生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. レベル別!彼氏の女友達への嫉妬をケンカせずに解決する方法

レベル別!彼氏の女友達への嫉妬をケンカせずに解決する方法

2012年09月05日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

彼氏に女友達がいようとも「恋人」のポジションは自分だけ!そう言いきかせているのに、どうしても湧いてくる嫉妬心。彼女といえども、人間ですからヤキモチも焼けば嫉妬もします。

できれば、嫉妬心からケンカに発展させるようなことは避けたいもの。でも、我慢できる時もあれば、どうにも抑えられない時もある!そんな時のために嫉妬レベルに合わせた対処法をご紹介します。

「ちょっと気になる」程度の嫉妬レベル

「誰だろう?どんな関係の人なのかな?」それくらいの嫉妬レベルの時は、彼にできるだけ悟られないことが大事です。携帯電話に連絡が入った時や街でばったり遭遇した時も、不機嫌な態度を取らないことがポイントです。例えば、
- 明るく「だぁれ?」と聞いてみる。
- 顔見知りの相手であれば「○○ちゃんだね」と言いつつ「どうしたのー?」とさりがなく内容を探る。
- 街で会った場合はとりあえずニコニコしておく。

よくあるNGパターンは、すぐに敵意を剥き出しにして不機嫌な態度をとることです。そういう態度からケンカに発展した場合によくありがちな彼氏のセリフは、

「紹介しようとしたのに、お前が不機嫌そうだったからできなかった。」

これは、まんざら嘘ではないと思います。いくら嫉妬心が湧いてきたとしても、はじめから攻撃的な態度では、彼氏は紹介すらできずに驚いてしまうかもしれません。また、彼氏の女友達にも「彼女こわいね」などと引かれてしまいます。

男と女は世界に半分ずつ存在するのですから、自分以外の女性全員に嫉妬していたら気持ちが持ちません。気になるような相手であれば、機嫌良く「誰?」と聞けば良いのです。あくまでも、機嫌良く!

「なんか怪しい」という疑いレベル

わかっているんだけど、なんか怪しい。「仲が良過ぎない?」「え、二人で会ったりもするの?」などなど、「気になる」のレベルを超えて疑い出した場合の嫉妬。これを抱えすぎると大爆発につながります。対策としては、

「そんなに仲良いなんて知らなかったから、ちょっとびっくりした。」

「えー、私も誘って欲しかった。○○ちゃん、羨ましいな。」

など、柔らかい口調で気持ちを伝えておきましょう。もしくは、冗談まじりに明るく伝えるのも良いと思います。例えば、

「また浮気ー?(笑)」

「なんか、彼女がいっぱいいるみたいだよ?(笑)」

など、真剣に伝えると揉め事になりそうなことも、冗談まじりにすればトゲトゲしく聞こえませんし、彼氏も明るく否定してくれると思います。

また、よくあるNGパターンは、女友達のことを責めること。

「彼女がいるって知ってるのに、なんか変じゃない?」

など、相手の悪口を言い出すと、物事はおさまりません。おそらく、彼氏は彼女の気持ちをなだめるために「そういうつもりじゃない」と言うと思います。でも、その言葉は彼女本人にとっては、

「その女の味方をした!」
と感じると思います。自分が言ったセリフが悪循環していくこのパターンは、出口のないケンカに陥ります。自分のためにも、女友達の悪口は言わないようにしましょう。
ポイントは素直に明るく伝えること。ケンカ腰の嫉妬には、彼氏も身構えてしまいます。ケンカにならないためにも、怪しいなという気持ちを柔らかく伝えましょう。

「もう我慢できない!」爆発レベル

どうしても辛抱できない、自分ひとりでは抱えきれない。と判断した場合は、彼氏と二人で解決しましょう。それは、一方的に感情をぶつけるということではありません。相談にのってもらうことです。

「バカバカしいと思うかもしれないけど、ずっとヤキモチを焼いてきた。あなたとはうまくやっていきたいから、どうすれば良いか一緒に解決してくれないかな。」

と、正直に思いを伝えます。

  • どういう時に嫉妬するのか。
  • その原因はなんなのか。
  • 誰に対して嫉妬しているのか。
  • 自分はどうされたいのか。

恥ずかしくても、全部打ち明けます。誠実なおつきあいであれば、彼女が抱えていた気持ちに対して、彼氏は謝罪するかもしれません。その上で、解決策を考えてくれると思います。

あくまでも、解決するのは二人です。「あなたがなんとかして」といいう態度ではなく、解決のために意見を自分も出してください。その時に、感情的になって泣いてしまっても、決して怒りに変えてはいけません

おわりに

恋愛関係であっても人対人です。嫉妬という個人的な感情をおもむくままぶつけるのは、正直な付き合いというよりも、思いやりのない付き合いです。

嫉妬は彼氏を好きだから生まれる感情です。であれば、できるだけ嫉妬が原因でお互いを見損なわないように建設的に解決しましょう。

本記事は、2012年09月05日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る