生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 花火大会で活躍するおもしろグッズ 2選

花火大会で活躍するおもしろグッズ 2選

2012年09月05日作成

 views

夏の風物詩と言えば、花火大会。この夏も何度か足を運んだ人も多いのではないでしょうか。この花火大会、普段の外出とは持っていくものも異なることは分かっているが、いまいち何を持っていったらいいかわからないという方も多いのではないでしょうか。

ここでは、花火大会の「暗い」「暑い」「混んでいる」という点に着目したおもしろグッズを、「使用した経験」と絡めて2つご紹介します。

光る腕輪(サイリューム)

普段の外出と、異なる花火大会の特徴である「暗さ」に着目したグッズです。

サイリュームといわれる、パキっと折ると5時間ほど光るものです。輪っかになるもの、棒状のもの、かわいらしい形のあるもの、様々なものが販売されています。(100円均一などで購入することができます。)

私自身は、100円均一で10本程のサイリュームが入ったものを一つ買って花火大会へ持っていきました。

腕につけたり、首にかけたりと、花火が始まる前の時間に遊んでいると隣に座っていたグループの小さな子が興味津々に近づいてきました。たくさん持っていたのでいくつか、その子にあげることで、隣の人とも仲良く過ごすことができました。

花火大会の「暗さ」を楽しむだけでなく、混んでいる空間を楽しく過ごすためにも大活躍したグッズです。

暗くなる前から準備をしてしまうと、花火が始まる頃には消えてしまっている可能性もあるので、暗くなってから準備するといいでしょう。

水スプレー

花火大会ではつきものの「暑さ」。これを楽しさに変えられるグッズがあったらいいものです。それを可能にするのが、この水スプレーです。

ボトルの中に水を入れ、下のレバーを数回引いてから上部のボタンを押すと、水がミスト状になって出てくるというグッズです。

夏に販売される「暑さ対策グッズ」の中でも涼しさは本格的に感じられるのでおススメです。

私自身、花火大会での始まるまでの待ち時間での暑さしのぎに使用しましたが暑さでベトベトした顔がスッキリしたので大活躍でした。

花火大会の場所では、水をいれる場所を探すのが困難ですので、水を入れた状態で首から下げていくといいでしょう。

おわりに

花火大会を花火だけで楽しむのではなく「自分から楽しむ工夫」。是非みなさんも自分なりの面白グッズを探してみてください。いつもの花火大会がもっと楽しくなりますよ。

(photo by http://www.ashinari.com/2012/08/13-366973.php

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120905171042 5047090213730
  • 20120904221728 5045ff680078f
  • 20120904223657 504603f972250

本記事は、2012年09月05日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る