生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 日経新聞は読まなくても大丈夫!情報を豊富に入手する方法

日経新聞は読まなくても大丈夫!情報を豊富に入手する方法

2014年06月26日更新

 views

お気に入り

  • 日経を読むのは社会人の常識。
  • 「今日の日経の一面に」そんな会話に着いていけないと恥ずかしい。

そんな風に思っていませんか?

日経新聞を読まなくても経済の流れはざっくり掴めますし、株や為替をやっている人も日経新聞は必須ではありません。

そこで、日経新聞を取らずに経済情報をきちんと集める方法を紹介します。

どうやって情報を得るの?

ワンセグ携帯で朝のビジネスニュースを録画

ワンセグが録画できる携帯を用意し、朝の経済番組を録画します。

「モーニングサテライト」は日経一面のチェックやアメリカの経済ニュース、本日の為替予想レンジなど、必要な経済情報をとても分かりやすく解説してくれます。

画面を見る必要は無いので、音楽プレイヤー感覚で聞いてみましょう。

この番組だけで主要な経済ニュースは掴めます。

Podcastingを使う

NIKKEI NET(日経ネット):PODCASTというところで、Podcastingが聞けます。

iPodなどに入れられるラジオのようなもので、最新の情報が音声で聞くことが出来ます。

会社に来たらNIKKEI NETを見る

会社に来たらNIKKEI NETをチェックしましょう。

新聞ほど詳しくは書いてありませんが、主要なニュースをざっと把握することができます。情報としてはここに載っているくらいで十分では?

あんまり見ていると仕事に支障が出るので10分くらいでさらっとね。

Twitterを活用する

twitterで以下のアカウントをフォローしましょう。(twitterって何?という人はTwitter(ついったー)のはじめの一歩をチェックしてみてください)

morningstarjp
⇒株や為替に関する話題が豊富です。

asahi
⇒朝日新聞のニュースです。

mainichijpedit
⇒毎日新聞のニュースです。

会社のトイレからケータイでこれらのアカウントをチェックするだけでOKw

はてなブックマークもチェック

はてなブックマークは日々話題になっているページを簡単に知ることができます。

政治経済の情報はこちらでチェック↓

最近の人気エントリー - 政治・経済

最後に

日経新聞は年間で5万円以上

インターネットやワンセグを活用すれば、節約したお金で旅行にいけちゃいますね♪

他にもいい方法があったら教えてください

この記事で使われている画像一覧

  • 20091001221812

本記事は、2014年06月26日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る