生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 簡単にできる!プランターの土壌を消毒する方法

簡単にできる!プランターの土壌を消毒する方法

2012年09月04日作成

 views

プランターで家庭菜園をしていると、次の苗を植えるのに土はこのままでいいのか迷いますね。畑や庭があるなら、思い切って土を入れ替えてもいいでしょうけれど、狭いスペースで栽培している場合はそういう訳にはいきません。ここでは同じ土を蘇らせてまた使う、そんな土壌消毒の方法をご紹介します。

この記事ではnanapiユーザーの体験を元にしたHowtoを紹介しています。ここに示したものは一例としてお考えください。
家庭菜園についてもっと知りたい方はこちらをチェック!
家庭菜園の始めるのに役立つハウツーまとめ

目次

用意するもの

  • 厚手のビニール袋 (黒が良い)
  • 苦土石灰
  • 堆肥(腐葉土など)

STEP1

プランターの土を混ぜ返し、根、石、ゴミ、虫の幼虫などを取り除いてください。

虫の卵やカビ等もあるかもしれません。目に見えるものはここで丁寧に取り除いてください。

STEP2

プランターの土を厚手のビニール袋に入れます。密閉してよく日のあたる所に置きます。

できれば2週間程度、太陽熱消毒をするのが望ましいです。熱消毒が済んだらプランターに戻します。

STEP3

苦土石灰を一つまみ混ぜ込んで一週間程度置きます。苦土石灰はどこのホームセンターにも必ず置いてあります。カルシウムとマグネシウムの補給ができ、酸性土壌の改良効果もあります。

酸性土壌では作物の成長が悪くなるので、中和します。

STEP4

全体の土の量の5分の1程度の堆肥を混ぜ込んだら完成です。お好きな植物を植えてみてください。

おわりに

ここで紹介した土壌消毒の方法は、毎回植え替えの時期に必ずしなければならないものではありません。手入れが行き届いているプランターなら、何年かに一度の土壌消毒で十分だと思います。何年も放置してあったプランターを再び使う場合や、だんだん作物の生育が落ちるなど土の弱りを感じたら行ってみてください。

通常の場合は、土壌改良に堆肥を混ぜ込むぐらいで十分です。連作と言って、同じ土地で翌年も栽培すると生育が悪くなる作物もあります。そんな作物は同じプランターで何度も栽培しない等を心がけてください。

(Photo by http://www.ashinari.com/2009/05/03-018710.php

(イラスト by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120831192228 5040906487f9d
  • 20120831185346 504089aaeab00
  • 20120831185835 50408acb1d039
  • 20120831191059 50408db38eee2
  • 20120831191610 50408eea9ad1e

本記事は、2012年09月04日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る