生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon moneyマネー

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 【ザ・シンプル!】貯金をする方法

【ザ・シンプル!】貯金をする方法

2012年09月04日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

よほどの収入がない限り、自然と増やすことが難しい「貯金」。貯めるつもりがつい使ってしまい、残高は寂しい数字に、そんな経験はないでしょうか。今回はザ・シンプルな貯金方法を紹介したいと思います。貯金というのはダイエット同様、継続できそうな方法が一番成功しやすいと筆者は考えています。

給料日に天引きする

給料日のその日くらいは食事で贅沢をしよう、欲しいものを買っちゃおう、そう思うのがごくごく普通の人間というものです。しかし、その一回のムダ使いが月末の自分の首を絞め、また、お金が貯めらない生活へとつながっていってしまうのです。

まずは給料日には自分で貯めたい額を最初に天引き、抜いてしまいます。そして、自分が寄りにくい金融機関の通帳に貯金します。この通帳は完全に入金だけの通帳にしておきます。毎月数万の貯金出会っても、減らない増えるだけの貯金通帳というのは心に張りを持たせるものです。

ここで大切なのは、簡単にお金を下ろすことが出来る金融機関に入金しないことです。はじめに先取り、天引きしてせっかく貯金しても、ピンチな時にすぐにお金を下ろしてしまっては意味がありません。

面倒になるくらいの場所にある金融機関に入金すれば、おろしにくくなるので、結果、貯金は増えていくはずです。

クレジットカードの使い方を改める

手元にお金がなくても買い物することができるクレジットカード。クレジットカード払いの場合、ネット通販で送料が無料となることが多く、多くの人が気軽にカードで買い物をしてしまっているようです。

ここで問題なのは、手元にお金がないのに、欲しいものを購入してしまうということです。クレジットカードは請求のタイミングが遅いために、変な余裕を持ってしまいがちです。しかし、請求書が来たらびっくり、こんなに払えない、どうしよう、そうなってからでは貯金どころではありません。

できればクレジットカードは使わない方が良いのですが、クレジットカードでしか買えない、またはクレジットカードで買ったほうがお得な場合もあります。

そのような場合は、以下の方法を取り入れてみてはいかがでしょうか。

口座にお金を振り込んでから買い物をする

あなたが欲しい物があった場合、送料無料となるクレジットカード払いを選んだとします。そして、クレジットカードでの商品購入を終えたら、その分の額を手元の財布から、クレジットカードの引き落とし口座に移動させます。こうすると、カードで支払いをしつつ、すでにその分のお金は取置しておくことができます。なるべく早く引き落とし口座に入金してしまえば、そのお金に手を付けるということもないと思います。

多くの人はクレジットカードの代金は請求月に準備すればいいと思いっています。しかしそんな考えてでは貯金を計画的に行うことはできません。後払いだからと余裕を持たず、しっかりと自分の今の財布から払えるだけの商品を購入しましょう

クレジットカードで購入するということは、お金を借金していることと同じです。

おわりに

貯金というのは、収入から貯金したい額を差し引きし、その残りで生活をしていけば、毎月必ず貯金をし続けることができます。イレギュラーの支払いや交際費のことを考えると、手元にあるお金すべてを使う感覚は早めに直したほうがいいと思います。

財布にたくさんのお金が入っていると、序盤で使いすぎるというのは多くの人が経験していることだと思います。

必要な額しか財布には入れず、欲しいものがあった時には、まずはその分のお金を貯めてから、一括で商品を購入しましょう。

そして、少額であってもクレジットカードでの購入は借金となりますから、カードを使う際には、先ほどのやり方でカードを使うようにして欲しいと思います。強い意識を持ち、お金の管理をし、目標のために貯金を頑張ってみてくださいね。

(photo by 足成

この記事で使われている画像一覧

  • 20120902001342 50422626dd70b

本記事は、2012年09月04日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る