生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon mentalメンタル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. ストレス耐性が高い人の10の考え方

ストレス耐性が高い人の10の考え方

仕事をしているとどうしてもストレスは溜まってしまうもの。学校生活でも人間関係でストレスを抱えている人は多いはず。ストレスがたまりすぎるとうつ病の原因になったり、アルコールに依存してしまったりと日常生活に支障をきたすケースが少なくありません。ストレス耐性に強い人は精神力が強いだけではなく、考え方にも特徴があるとのこと。今回はストレス耐性に強い人の特徴を10個ご紹介しています。ストレスに弱いなぁと思う方はぜひ参考にしてみてください。

2015年10月16日更新

 views

お気に入り

はじめに

「最近ストレスが多いなあ」と思いながらふと隣を見ると、いつもニコニコ穏やかに微笑んでいる人っていませんか?筆者の職場にはストレス耐性の高い人がいます。ストレス耐性が高い人は、ただ我慢強いだけでなく、ストレスに煩わされない人生観や、考え方を持っていると感じます。今回は、そんなストレス耐性の高い人の特徴をご紹介します。

ストレス耐性が高い人の10の特徴

1:何事も「まあいいか」と思う

まずストレスをストレスと受け止めず、ひらりと身をかわすようなスタンスが大事です。

2:「自分は自分」とマイペースを保つ

ストレスを感じやすい人は、人と比較して焦ることが多いのではないでしょうか。人に惑わされないでいられることがポイントです。

3:「人生は思い通りにならないもの」と思う

人生経験が豊富で、達観した人のスタンスです。自分にも他人にも多くを望まないことがポイントです。「人生はどうでもいいことと、どうしようもないことで出来ている」など、達観できるフレーズを覚えておくのもよいでしょう。

4:「タイミングが悪かった」と考える

うまくいかないとき、自分や相手が悪いと思うよりも、運やタイミングなど、誰のせいでもないものを落とし所にすることで、ストレスを流すことができます。

5:「相手にも事情がある」と想像する

人にイライラさせられたとき、相手を責めるより「相手には相手の事情がある」と寛大な気持ちになれる人は、人と衝突することも少なく、ストレスも溜まりません。

6:「これもいい経験になる」ととらえる

困難なことにぶつかったとき、自分の力量以上のことを期待されたときも、自分の成長につながると思えると、ストレスを前向きにとらえることができます。

7:自分のストレスを分析してみる

自分がどんな刺激や状況に弱いのかが分析できると、ストレスを避けたり、克服したりする工夫につながります。一度自分のストレスと向き合ってみることも必要です。

8:周りを頼ることができる

ちょっと「困ったなあ」と思うとき、上手に周りに頼ったり、相談したりしながら物事をすすめることで、限界まで抱え込むことを避けられます。適度に負荷を減らしながら、こつこつと走り続けることで、結果的にストレス耐性の高さが身に着きます。

9:上手に現実逃避ができる

煮詰まったときは、ちょっとそのことから距離をとることも必要です。本を読んだり、映画を見たり、風景写真を眺めたり、ストレス源とは別の世界に入れる方法を持っておくとよいでしょう。

10:世界をとらえる視点を変えてみる

様々な視点で世界を見てみることも有効です。「人間の細胞は毎日生まれ変わっている」とか、「地球上に生命が存在することは奇跡」など、科学や宇宙に思いをはせると、日々の些細なことは気にならなくなります。

おわりに

いかがでしたか?いくつか当てはまるという人は、ストレス耐性が高い人ではないでしょうか。適度なストレスは人間の成長に必要と言われています。ストレスに負けない考え方を身につけるために、ぜひ参考にしてみてください。

(Photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20120831234144 5040cd28b16cf

本記事は、2015年10月16日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る