生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 用途別で選ぶ!使い勝手の良い収納家具の選び方

用途別で選ぶ!使い勝手の良い収納家具の選び方

2012年09月03日作成

 views

はじめに

部屋を模様替えしたい時、また引越しをした時など、収納を見直したいと思いませんか?

筆者は部屋の模様替えが趣味、と言っても過言ではないほど模様替えが好きなので、そのたびに収納の使い方を見直してきました。

そこで今回は、筆者の経験をもとに「用途別で選ぶ!使い勝手の良い収納家具の選び方」をご紹介します。

目次

収納する前の事前準備

クローゼットや押入れの収納を見直す時、まずはいるものといらないものを仕分けます。その時に、そのままクローゼットに置いておくもの(例えば季節家電など)と、分けて別の場所にも置いておきたいもの(洋服など)を見極めます。

そのまま置いておくものは、カバーを掛ける等しておけば良いのですが、洋服などは季節ごと、使用頻度ごとに分けて収納したほうが断然便利です。

まずは、クローゼットや押入れの中のものを仕分ける作業をしておきましょう。

洋服を小分けできる収納家具

「洋服の衣替えが面倒!」「洋服が全部でどのくらいあるのかイマイチ把握できていない」という人に、小分けできる収納家具をご紹介します。

衣替えがあっという間にできる!

「小分け引き出し収納」とは、引き出し式になっており、ひとつづつ小分けできて、好きな数を積み重ねたり、横に広げておいたりできる収納家具です。

大概、プラスチックなどでできているため中身が見えやすくなっており、何をどこに入れたかが分かりやすく使い勝手も抜群です。特に、洋服などをしまうのに最適な収納家具で、季節ごとに分けておけば、引き出しごと衣替えができて非常に時短できます。

また、アイテムごとにしまっておくことで、何を何枚持っているのか把握しやすく、引き出しに入らないほど持っている場合、そのアイテムはもしかしたらもうこれ以上買う必要がないのかもしれません。

自分の最適量を知るためにも便利な家具なので、大量の洋服を何とかしたい人にとって、とても良い収納家具と言えます。

筆者も洋服が好きで、大量の洋服の収納に困っていましたが、この方法で最適な量を知ることができ、無駄に買うことが無くなりました。

使い方は無限大!

使いたい場所で、使いたい個数積み重ねて使うことができるため、洋服だけでなく、キッチンで食材を保管したり、洗面所でタオルを直しておくなど様々な使い方があります。

使い方が一通りではない、というものは部屋が変わっても使い続けることができるため、良い収納家具だと思います。

ベルメゾンネット 引き出し収納の一例はこちらです。

収納する物がはっきりしている収納家具

趣味で様々なものを集めているコレクターの人にオススメの専用の収納家具をご紹介します。

最近では、入れるものをあらかじめ想定して作られた「目的がはっきりしている収納家具」が多く販売されています。

例えば、CD用の収納家具漫画本用の本棚などです。

良いところは、目的がはっきりしているということで、高さや奥行きなど無駄なく使うことができるように設計されているところです。つまりデッドスペースができにくいのです!

このようにデッドスペースができないように緻密に設計された専用の家具は、中に入れるものが決まっている場合、また莫大な量をコンパクトに収納したい場合に適しており、コレクターの人には、良い収納家具だと言えます。

反面、他の使い方をしにくい、という面も持ち合わせているため、購入時は十分に検討してくださいね。

可動式の収納家具

引越しが多い、小さな子供がいる、など部屋の間取りが変わりやすい人にオススメの収納家具をご紹介します。

これは、小分けできる収納と共に言える事なのですが、やはり、部屋が変わってもその変化に対応して使い方を変えることができる、というところが最大の魅力だと思います。

キャスターつきの収納家具は使い勝手抜群!

そういった意味では、「可動式の収納家具」(キャスターなどが付いていて簡単に動かせる家具)はとても良い家具だといえます。

例えば、クローゼット内の収納として使っていたキャスター付き引き出し収納を、子供の洋服収納として子供部屋で使うなど。

最近では、天板が木製で、見た目もシンプルな収納家具も登場しており、リビングにも置くことができるキャスター付き収納家具のバリエーションも増えてきました。用途によってデザインも工夫してみると、様々な場所で使うことができます。

ベルメゾンネット クローゼットチェストの一例はこちらです。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

良い収納家具か見極めるコツは、その家にとって使い勝手が良いということ、また部屋を圧迫することなく自然に馴染んでいることがポイントではないかと思います。

あなたのお家がすっきりと片付く良い家具が見つかりますように。

(Photo by 足成 http://www.ashinari.com/2012/01/23-356182.php

この記事で使われている画像一覧

  • 20120830171037 503f1ffd3b52e

本記事は、2012年09月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る